女性のオナニー【5つの注意点】正しい知識で気持ちよくなろう!

女性 オナニー 注意点

オナニーをするときに気を付けてることありますか?

正しい知識がないと、せっかく気持ちいいことをしてるのに、不注意から病院に行く羽目になったり、セックスで感じにくい身体になったりする場合も!

そんなことにならないために!女性のオナニーでの注意点をご紹介します。

目次

手指や下着は清潔に!

特に皮膚の中でも敏感な場所、いわるゆる【デリケートゾーン】に触れることがどうしても多くなるオナニー。

デリケートゾーン自体をきれいに保つことはもちろんですが、手指には特に雑菌が付きやすく、その手で触れたり、腟内を傷つけることで雑菌が入り込みトラブルのもとになりやすいのです。

nontan

なので必ずお風呂でデリケートゾーンを清潔にして、オナニーをする前に手指もしっかり洗ってから始めましょう。

また終わった後の下着も濡れてしまうことがあります。面倒だから…とそのままにしておくと、湿った下着で肌がかぶれたりニオイの元になることも!

終わった後は、デリケートゾーンはしっかり拭き取って、下着は新しいものに取り換えましょう。
できればシャワーだけでも浴びるのが◎。

おもちゃのお手入れも丁寧に!

デリケートな場所に使うものなので、こちらももちろん清潔に保つ必要があります。

専用の洗浄剤や普段から使用しているハンドソープ、ボディソープを使用するのが一般的。できれば使用前と使用後どちらも洗浄するのがおすすめです。

また、ローションと一緒に使用する場合は材質の相性も大切。シリコンタイプのローションとシリコン製のおもちゃを一緒に使うと劣化する可能性も!選ぶときには必ず材質や成分もチェックして安全に使用しましょう。

強い刺激でオナニーしすぎない!

気持ちよさに慣れてしまうともっと強い刺激を求めがちです。

nontan

そうすると、強い刺激でしか満足できなくなってしまい、パートナーとのセックスでも感じにくい身体になる可能性大です。

男性でもオナニーのし過ぎで、女性の腟内ではオーガズムを感じにくい人がいるのも同じ理由です。
普段からおもちゃの太さや強度を大きく強くしすぎない、たくさんのおもちゃの併用はしないなど気を付けましょう。

また、オナニーのおかずや妄想もあまりにも非現実的なものや刺激が強すぎるものになるとパートナーとのセックスでは満足できなくなってしまう場合もあるので注意を!

足ピンイキには要注意!

女性のオナニーでついついしてしまいがちな体勢が足ピン状態。

nontan

こうすることで、オーガズムを短時間で感じやすくなるのですが、これが癖になるとこの体勢でしかオーガズムを感じにくい身体に!

しかも、パートナーとのセックスではなかなかない体勢ですよね。
つまりセックスでもオーガズムを感じにくい身体になってしまうのです。癖にならない程度だったら問題ないですが、その体勢ばかりでのオナニーには要注意です。

寝る前のオナニーが癖にならないように!

ぐっすり眠れる効果もあるオナニーですが、寝る前のオナニーを習慣づけてしまうと、オナニーしないと眠れない身体になったり、身体が慣れてきてしまって逆に眠りにつきにくくなる場合もあります!

自分である程度頻度を決めたりして適度なオナニーを心がけましょう。

まとめ

今回は5つの注意点を紹介しました。

どれも自分の身体を守るため、パートナーとのセックスをより充実したものにするためにはとても大切なことばかりです!

大切な身体を傷つけてしまっては、せっかくの気持ちいオナニーも台無しです。

自分の身体を労わりながら気持ちのいいオナニーをしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる