やっとの思いで誘ったデートを断られ、ショックを受けた経験のある男性もいるのではないでしょうか。しかし落ち込んでばかりはいられません。次の課題となるのは、「次こそは断られずに、もう一度誘えるか」ではないでしょうか。一歩間違えば、女の子に「しつこい!」という印象を与え、嫌われる恐れもあります。そこで今回は、「デートの誘いを断られた後、改めて誘う場合のアプローチ方法」を紹介させていただきます。

合わせてこちらもチェック!
異性をデートに上手に誘う方法

デートの誘いを断られた後、改めて誘う場合のアプローチパターンはコレだ!

1:時間を空ける

一週間から一ヶ月程度、時間を空けてから、改めて誘いましょう。時間をおくことで、ガツガツ感が出ません。それだけで女の人的には誘いに乗りやすくなるでしょう。

2:友人を交えたイベントに誘う

友人も参加するイベントに誘うパターンです。二人きりではないため、一参加者感覚で誘いに対して腰も上がりやすくなります。受け入れてくれる可能性もあがるでしょう。

3:デートに対するハードルを下げる

一日中、拘束するデートではなく、ちょっとお茶するだけなど、「軽め」のデートを提案するパターンです。最初から車でドライブ、しかも朝早くからともなると、断られる可能性は大!まだ大して親しくもない相手の場合は特に引かれるでしょう。次こそは・・・の次の連絡が取れなくなる可能性もあるのでご注意を!デートに対するハードルを下げることで、誘いをOKしてもらえる可能性があります。

4:奇抜なデートプランを提案する

他の男性が提案しないようなデートプランを提案して、興味を持ってもらうパターンです。
ただし、コレも注意が必要!新発見をしたいような冒険タイプの女の子やのりの良い方ならいいかもしれませんが、そうでない場合はやはり一般的に食事に誘うのが無難でしょう。

5:「一回だけチャンスをください!」と懇願する

素直にお願いしてしまうパターンです。中途半端な態度ではなく、徹底的にお願いするようにしましょう。その方も、一回だけなら・・・とOKしてくれるかもしれません。OKをもらったら、チャンスはコレっきりだ!と思ってその一回を無駄にしないようにしましょう。

6:「時間ができたら連絡をください!」と女の子からの連絡を望む

「忙しくて、無理。」と断られてしまった場合の対応です。女の子から連絡が来ることを心から願い、誠意を持って伝えましょう。ただこれは正直、連絡が来ない確率90%だと思います。というのも、本当に忙しくて断っている場合、その人はアナタとの約束より他のことが優先してしまいます。忙しい相手の場合は「時間ができたら連絡をください!」といいつつも、1カ月後にもう一度自分から連絡してみるようにしましょう。
正直、忙しいは会えない理由にあんまりなりません。時間はつくるもの。忙しいといわれた場合は脈なしだと思ったほうがいいでしょう。

7:前回、断られたことを忘れ、堂々と誘う

断られたことを忘れ、堂々と誘いましょう。一度、断られたイメージを持つと、自信がなくなり、それが態度に出てしまう恐れがあります。するとあなたのよさも出なくなってしまうので、ここはずうずうしく行っちゃいましょう!

8:「そろそろ○○がおいしい季節になってきた!」と季節の変わり目を利用し、誘う

季節の変わり目を恐れずに、グルメスポットを提案するパターンです。みんなが知らない旬の食材を提案しても良いかも知ません。食に興味のある人ならコレはかなり使える手です!

9:突然、「いまからどう?」と誘ってみる

断られることを恐れずに、突然誘うパターンです。運が良ければ、誘いに乗ってくれる可能性があります。ただコレは他より断られる確立が高いです。遊ぶ予定があったのにドタキャンになって急に時間が空いた、とか今日はちょっと外に出たい気分になった。もしくは、相手が自分のことを良く思ってくれている。などかなりの偶然に当たらないと起こりえないでしょう。断られることでメンタルブレイクする方は、極力この誘い方は避けましょう!

終わりに

如何でしたか?人を誘うのって、意外と体力要りますよね。断るのも体力が要りますが、誘う方だって神経を使うもの。あまり気張らずに誘うようにしましょう!ただ手抜きをするのとは別ですよ♪誠心誠意お誘いしましょう!

関連記事

この記事はスゴレンが提供しています