はじめに

「いい人だと思っていたのに。こんなはずじゃなかった」そういう経験、ありませんか?せっかくできた彼氏が、女性にとって残念な本性を持つイマイチ男だったら、ショックですよね。しかも、付き合ってしまうと別れるのも大変だし、情に流されてずるずる行ってしまったり…そんな事をしているうちに、素敵な男性とのチャンスを逃してしまうかも。

そんな失敗をしないためにも、できれば付き合う前にきちんと男性の本性を見抜いておきたいものです。そこで今回は、男性の本性を見抜くちょっとしたコツをご紹介します。

気を付けたい5つのイマイチ男

まず、気を付けたいイマイチ男の本性にはこのようなタイプが挙げられます。

DV・精神的な嫌がらせをする男

女性を肉体的、精神的に傷つけて追い詰めるDV、モラルで精神的な嫌がらせをする男なんて言語道断。絶対に避けたいタイプです。

束縛の激しい男

束縛が激しすぎる人と付き合うと男友達はおろか、同性の友達まで失ってしまう危険があります。そんな恋愛は悲しいですよね。

短気、すぐにカッとなりイライラする男

DVとまではいかなくても、すぐにカッとなる人は、一緒にいると疲れてしまい良い恋愛ができません。

自己中心的な男

自分の事しか考えず、自分しか大事にできない人は、相手を気遣う優しさがありません。いざという時に頼りにならない人は嫌ですね。

嘘をつく男

こちらも自分の事しか考えていない人。くだらない嘘によって傷つくなんて、虚しいだけです。

見抜くためにチェックしたい5つの特徴

ではこのような本性を持つ男の性格には、どのような特徴があるのでしょうか。共通するのは、とにかく自分が中心で優位に立っていないと気に入らないということです。そこで、そうした男性が日常で取りがちな態度についていくつか挙げてみます。

1:他人をやたら見下したり、文句や悪口が多い

DV、精神的な嫌がらせ、束縛、嘘。それらを行う男性に多い性格が「支配欲は強いが自分に自信がなく、コンプレックスも強い」です。だから、やたらと人を見下したり馬鹿にしたり、悪口を言うことで自分が優位に立とうとします。そして、彼女にもいずれ同じ態度を取るようになります。

後輩や部下に対して命令的、威圧的な態度をとっていないか。また、同僚や友人に対しても、特定の人にだけ見下した態度をとっていないか観察してみましょう。

2:こちらの意見すべてに同調する

これは一見、「気が合う」と錯覚しがちなので注意してください。付き合いたいと思う異性にいい顔をしたいというのは、誰しもあると思います。また、価値観が近ければ同調することも多いです。しかし、すべての話に「うん、俺もそう思う」ばかりの男には要注意です。普通、そんなことはあり得ません。これは、支配するために最初に下手に出て味方だと思わせる作戦のようなもので、付き合ってから突然「そんなこと思っていない。合わせただけ」と豹変する場合が多いのです。

会話の中で同調ばかりでなく、「そこは俺はこう思う」ときちんと自分の意見があるかをチェックしましょう!また、やたら同調ばかりする人は、自分の意見にも同意してもらいたがります。ちょっと違う意見を言っただけで嫌な顔をする人も要注意。

3:電話での態度

これはあなたに対してではなく、他の人に対しての態度です。保留が長いと舌打ちしたり、繋がらないとイライラして即リダイヤルを繰り返したりするのは、短気で自己中な証拠。メールの返信が遅いと怒るのも同様です。

電話は、顔が見えないからこそ本性が出やすいもの。彼が電話をしていたら、さりげなく態度や言葉遣いをチェックしてみて!

4:意見がコロコロ変わったり、約束をすぐに忘れる

その場その場で口先だけ調子良く合わせている男は、すぐに意見が変わったり約束を忘れたりします。言葉が本心ではないから、言ったことをすぐに忘れてしまうのです。嘘をつく男に多い特徴です。

彼の友人や同僚が「あいつは口先だけ」「すぐに約束忘れる」などと言っていませんか?筋の通った男は同性との約束も大切にするものです。

5:平常時と怒った時のギャップが激しい

穏やかで温厚だと思っていたら、何かに突然キレて人前で物を投げたり大声で叫んだりするのを見たら、それはとくに要注意です。誰だって怒ることはあります。でも人前で我を忘れるほどキレるのは、理性をうまくコントロールできない証拠です。普段は優しい人?いいえ、本性から優しい人はどんなに怒っても最低限の理性は失わないものです。

ちょっと怖いかも知れませんが、一度彼の怒るようなことをしてみるのも手です。やりすぎは禁物ですけどね。

おわりに

できれば、付き合う前に相手の本性をしっかり見抜いて、後悔しない素敵な恋愛をしたいものですよね。彼氏候補の男性ができたら、ぜひチェックしてみてください。

(photo by 足成)