はじめに

お酒を飲み注意力が低下し、不用意な一言を漏らし、女性を傷つけてしまったことはないでしょうか。女性との会話では油断は禁物です。もちろん、酔っていなかったとしても同じです。そこで今回は、不用意な発言を未然に防ぐために「女性を傷つける不用意な一言」を紹介します。

不用意な一言

1:「ぶっちゃけ、いくつなんですか?」

三十路近くの女性に対して、みんなの前で年齢を聞くパターンです。年齢に敏感な女性もいるので注意しましょう。どうしても聞きたくなってしまった場合は「20代に見えるのですが、・・・」などと付け加えて聞いてください。

2:「もうちょっと痩せた方がいいのに。」

冷静なアドバイスなのです。しかし、でその一言でせっかくの楽しい飲みの会中何も口にできなくなってしまうかもしれません。自分のことは自分が一番よく自覚しています。もしかしたらその人は、現状に満足しているかもしれませんし、痩せにくい体質、太っているのではなく、筋肉質なだけかもしれません。わざわざ言うべきことではないでしょう。

3:「髪の毛、パサついているよ。」

本人が一番気にしています。それを言われたところで、女性もそのときに何か対処できることではないので、言われても困るだけです。うるおい効果のあるシャンプーを紹介してもNGでしょう。

4:(美人な○○さんの話題で)「お前も、○○さんを見習えよー!」

他の女性と比較されることを苦痛だと感じる女性がいます。基本的に、他者と比較する発言はやめましょう。

5:「今まで、何人と付き合ったの?やっぱ、10人以上?」

軽い女だと思われることで、傷つく女性もいます。具体的な数字を言うのは避けましょう。もてそうであることを言いたいのなら、相手の返事を聞いてから、思ったより少なかった場合は「モテそうだからもっといるのかと思った」などコメントするようにしましょう。そうすれば女性のテンションも下がることは無いでしょう。

6:「キャバ嬢っぽいね。」

キャバ嬢は、男性を騙す存在、ケバイ、また極稀ですが、中には馬鹿っぽいと、イメージしている女性がいます。いそのように言われて、ショックを受ける女性もいるでしょう。

7:「ブサイクだなー。」

素直すぎる感想は、ときに女性を傷つけます。さらに言えば、それを一般的には綺麗だと言われている女性に対していったとしても、相手はかなり傷つきます。もしかしたら、綺麗な女性であればあるほど傷ついてしまう言葉かもしれません。「こいつには大丈夫だろ~」という間柄の相手に対しても、実際は裏で落込んでるのを知ってますか?冗談が通じる女性だとしても、控えた方が良いでしょう。

8:「男性芸人の○○にソックリだね。」

女性のテンションが一気に下がります。例えるならば、「女性」にしましょう。しかし、その芸能人の顔が好みで無い場合もあります。似ている人の話題をするときは十分注意しましょう。

9:(彼氏とラブラブという話を聞いて)「男はみんな浮気する生き物なんだよ。」

自分の恋人のことは信じたいもの。このように言われた場合、幸せな気分を破壊し、テンションが下がります。そして、中には浮気をしない男性もいます。この発言をすることで、ご自身が浮気をすると公言しているようなもの。自分の評価を下げるだけです。気づかぬうちの嫉妬心からこのような発言をしてしまわぬよう気をつけましょう。

10:(付き合っている男性の話題で)「アイツ、評判悪いよ。」

それは、男性本人に伝えましょう。もし、彼女のことを思って、別れた方がいいと思い、伝えてあげたい場合は、言い方と言うときの状況、雰囲気を考えましょう。状況によっては、女性も素直に聞き入れられると思います。

おわりに

如何でしたか?意外と知らない間に言っていてしまいそうなものばかりでしたね。でもこれを見たあなたならもう大丈夫!今日からは不用意な発言をして気ずつけることも無くなるお思います。忘れそうになったらこれをまた見て頭の片隅に入れておいてください。飲み会の前に一通り目を通してから行くのもいいかもしれませんね♪

関連記事

この記事はスゴレンが提供しています