はじめに

女性の歯に青ノリがついていることを発見したら驚くとともにどうすれば良いか迷いますよね。

女性に恥ずかしい思いをさせずに青ノリがついていることを気づかせ、とってもらうには・・・男性が取るべき行動をご紹介いたします。

女性の歯に青ノリが付いていた時に男性が取るべき行動

彼女に自分から気づかせてあげる

さりげなく女性に化粧室に行ってもうらうような流れをつくりましょう。どちらかというと女性は化粧室に頻繁に行くほうです。

ですから、自分から化粧室のある場所に行き、

僕、トイレにいってきます

と言ってみてください。女性も

じゃあわたしも行ってきます

と言う可能性が高いです。

僕の歯になんかついてる? とたずねる

青ノリがつくとしたら食事中が多いでしょう。男性と会う前に歯も磨かないでくるひとはすくないとおもうので。

食事中に女性の歯に青ノリがついていることに気づいたら、こうたずねてみましょう。

あ、僕の歯になんかついてる?

彼女はたぶん、自分もなにかついていないか不安におもうでしょう。

わたしの歯にはなにかついてる?

そう質問されたら正直にこたえてあげましょう。もし、相手が自分もついているかたずねてこなかったら、チャンスを逃さずにその場で

あ、君、歯になんかついてるみたいだよ

とさりげなく教えてあげましょう。食事している場でしたら、歯になにかついていると指摘されてもさほど恥ずかしいおもいはしないものです。

化粧室の近くにきたらさりげなく指摘してあげる

青ノリが歯についているのを指摘せずに別れるまでほうっておくのが一番いけません。あとで彼女が気づいたとき、

なんで教えてくれなかったんだろう? 恥かいた

と傷つくでしょう。
しかし、青ノリをとれない場所で突然指摘されたら尚更恥ずかしいおもいをしますし、相手に怒りすら感じます。

指摘する場合は、化粧室にすぐ行ける場所でしましょう。そのとき、いかにも、今気づいた、という風に装えば、相手の恥ずかしさも軽減されることでしょう。

おわりに

大事なことは相手に恥ずかしい思いをさせずに、指摘してあげることです。上手に教えてあげれば、女性はあなたに感謝してくれることでしょう。