はじめに

恋人とは毎日メールしますよね。メールのやりとりが多い彼氏だからこそ、ちょっとしたメールで彼氏と喧嘩してしまうこともあるかとおもいます。

彼氏と喧嘩しないで楽しくメールのやりとりができるコツをご紹介いたします。

彼氏とメールで喧嘩しないコツ

短い文章のメールでのドタキャン

いくら彼氏という親しい間柄であっても約束を短文のメールだけでドタキャンしてはいけません。

用事ができたからいけなくなった。ごめんね。

こんなメールを送ったら彼氏は気分を悪くするでしょう。仕事や家庭の事情などでどうしても約束を守ることができない場合は、その事情を丁寧に説明したメールを送りましょう。

親しい仲であるからこそ、言葉を大切にすることを忘れないようにしましょう。

相手からの返信がないのにメールし続ける

メールするのが苦でないひともいれば、あまりメールが得意ではないひともいるでしょう。用事があれば、メールではなく電話ですましたい、という男性もいるはずです。

そんな彼氏をもった場合、メールの返信がなかなかこないこともあるでしょう。ちゃんとデートをしてくれたり、電話をしてくれるけれど、メールだけ返信が遅かったりする場合は

そういうひとなんだ

と受け入れましょう。相手から返信がないのに一方的にメールを送り続けると、相手はかなり迷惑におもうでしょう。

更に返信がないことに対して怒った場合、喧嘩になる確率は高いです。相手のタイプや、状況をみて、メールを送る頻度を考えましょう。

メールで乱暴な言葉を使わない

面とむかったら言えないような言葉もメールなら伝えられることがあります。そこには良い面もあれば悪い面もあります。

相手に苛立ちを感じた場合、メールでついつい感情的になり、ひどく乱暴な言葉を使ってしまうことがあるかもしれません。メールは電話とは違い、あとに残るものです。

そのときに喧嘩になるだけでなく、その後もなにか喧嘩になったときに蒸し返される可能性があります。

君は前もこんなひどいメールをよこしたよね

と、そのメールをあとあとつきつけられて、責められないためにも、メールで乱暴な言葉や相手を傷つけるような言葉を送ることはやめましょう。

自分が感情的になっていると感じたときは、いつもより余計にメールの文章を何度も読み返してから送信することをおすすめします。

おわりに

メールは便利なツールであると同時に、喧嘩の火種にもなりやすいものです。相手の身になってメールの文章を考えるようにつとめましょう。