はじめに

楽しい彼氏とのメール。それを修羅場にしてしまうのはマズイですよね。

そこで彼氏とのメールでの禁句と思われる文面を書き出してみました。

仕事と私、どちらが大事?

書く必要も無いくらい、王道の禁句ですね。仕事と彼女なんて、比較に並べるのがオカシイです。どちらかといえば、彼女との家庭を持つために一生懸命やるのが仕事でしょう。

彼氏が仕事で忙しくて、かまってもらえなくて寂しい気持ちは分かりますが、 仕事と私、どちらが大事?メールは打たないほうが賢明です。

そんなメールを打つくらいなら、

何の為に、そんなに仕事頑張ってるの?

メールにしておきましょう。

そして、そのメールには、

君のためだよ。

メールを返して貰うように決め事でも作っておけば良いのです。

約束事になっていたとしても、定形文で登録してあるのを返信してくる形になったとしても、彼女としては気が晴れると思います。

浮気してるんじゃないの?

浮気をしていても、していなくても、問題のある文面です。浮気の話題はメールで扱わない方が良いと思います。

浮気している場合

やぶへびになる可能性があります。多分、彼女が本気で浮気を疑っているときには、このメールは送らないと思います。

お別れする予定では無かったのに、お別れに向かって話が進んでしまう結果を招くことになるかもしれません。

浮気してない場合

信用されていないと思い、彼氏が腹を立てる可能性があります。彼女に対して本気度が高いほど、男性としては言われたくない言葉かもしれません。

愛している、と、言葉にしなくても分かって欲しい男性としては、本気の愛を疑われていると思って腹が立つのだと思います。冗談でも浮気してるんじゃないの?は、書かない方がよいと思います。

連打メール

イライラするとやってしまいがちな連続連打のメール攻撃。これもやらない方がよいと思います。

受け取った男性は許容量オーバーとなり、

どうしていいか分からないから、とりあえず無視。

なんて気分になってしまうようです。

おわりに

男性は女性ほどおしゃべり好きでないように、メールも女性ほど上手には扱えないみたいです。

二人だけの楽しい秘密の決め事でも作っておいて、彼氏が返事に困ってしまうような状況を作らないようにしましょう。