はじめに

何故か急に彼女の機嫌が悪くなった。原因は謎。何かした覚えもないし…。
違うんです!してるんです!
何気ない会話の中で発せらる、あなたの不用意な言動が普段はそんなに起こらない彼女も怒らせてしまうことがあるのです!

今回は防止策として「もしかしたら、彼女をイラっとさせてしまっているかもしれない一言10」を紹介したいと思います。

彼女をイラっとさせてしまっているかもしれない一言10

1、(無表情で)「ふーん。」

話を熱心に聞いてないとき、放ってしまう一言です。話を聞くのであれば、熱心に耳を傾けましょう。

2、「そんなことよりさ...」

彼女に興味を示さず、強引に自分が話したいことを伝える際の一言です。彼女の話を聞いた上で、自分の話をした方が良いでしょう。

3、「そんなのも知らないの?」「知らないと思うけど…。」

知識を持っていることをアピールしたいときに言ってしまうフレーズ。無意識に使ってしまっている人は気をつけましょう。

4、(不機嫌そうに)「は?」

彼女の話を理解できないときに飛び出す言葉です。彼女を傷つけることでしょう。

5、「矛盾してない?」

彼女の話を論理的に分析し、矛盾点を追及するパターンです。矛盾を指摘するよりも、「とにかく話を聞いてほしい!」という気持ちを理解してあげましょう。

6、「だから言ったじゃん。」

忠告したにも関わらず、従わなかったときの一言です。彼女が悲しんでいた場合には、まずは彼女の感情を受け止めてあげましょう。

7、(イライラしながら)「で?」

結論が見えない話に対して、結論を急かす一言です。このような態度では、彼女も委縮します。

8、「結局、言いたいことは何?」

彼女が伝えたいことを理解できないため、ストレートに聞くパターンです。威圧的な印象を与えてしまいます。

9、「どうせ・・・俺なんか・・・。」

他の男性と比較されたり、彼女が大きな成果を残したとき、呟く一言です。ウジウジした態度が、彼女をイラっさせます。

10、「何でもいいよ。お前に任せる。」

彼女から「今週のデート、どこに行く?」と聞かれたときの一言です。任せっきりでは、彼女はイラっとするでしょう。

おわりに

如何でしたか?意外と無意識のうちにやっちゃっている方が多いのではないのかな?と思います。特に、口調にきつい方などは、自分が思っている以上に出やすいし、出ているものです。穏やかな人は話をしていても相手に不快を与えることが少なくて良いですね♪
楽しい関係を続けるためにも、口調や発言には気をつけましょう。

関連記事