はじめに

大好きで話したくて、ただそれだけなのに・・・上手くいかないことって多いですよね。男性編に引き続き、今回は女性編のメールでもめないために気をつけたいポイントをご紹介します。

避けたい3つのポイント

その1 禁止ワード

「もういい」

メールでは、言葉だけでつながっています。傍で会話をしているのなら、表情や空気、間などで言葉以外からも相手の気持ちを汲み取ることができますが、メールではそうもいきません。

ですから、会話を続ける意思のないような表現は使ってはいけません。つい言ってしまうこともありますが、言われた側からすればむっとしてしまいますよね。言ってしまったら、その点についてはすぐに謝りましょう。

その2 メールの強要

大好きな彼とたくさんメールをしたいと思うことは、悪いことではありません。しかし、メールをしてほしいという気持ちをぶつけすぎると、男性はメールをしたいと思うのではなく、

「しなくてはいけない」

と、負担に思うようになってしまいます。メールが彼にとって嬉しいことではなく、縛りになってしまうのです。

そんな気持ちでメールをしても、お互い楽しくありませんよね。ですから、自分の気持ちを押し付けるのではなく、相手の気持ちもきちんと考えましょう。その上で直してほしいと思うことがあるのなら、

「私はこうしてほしいと思うのだけど、あなたはどう思う?」

と、自分の気持ちを正直に伝え、尚且つ相手も意見が言えるような切り出し方で話し合いをしてみましょう。

「メールしてよ!」と怒るのではなく、「メールをくれて嬉しい」と伝える方が、何倍も効果的ですよ。怒られるより喜ばれる方が、メールを送りたくなるのは当たり前ですよね?

その3 妄想

どうしてメールがこないのか、何故こんなにそっけないメールなのかなど、考え出したら何の根拠もないのに悪い方にばっかり妄想が膨らんでしまう経験はありませんか?

それはあくまでもただの妄想で、無意味に苦しみ傷ついてしまうだけです。それに、疑われてばかりで信じてもらえない彼が、余計そっけなくなってしまっても文句は言えませんよね。

そんな悪循環から抜け出せないあなたは、1つのことについて3回考えたらおしまいというルールを試してみて下さい。

「あれ、もう○時間メールがきてないな。」
「どうしてこないのだろう。」
「忙しいのかな?」

これで3回使ったので、もうおしまいです。このあと、「もしかして・・・」と続けてはいけません。このことについて考えるのはここまでにして、頭を切り替えましょう。

おわりに

いかがでしたか?もちろん男性にも同じことが言える場合もありますよね。せっかくメールをするのなら、楽しくしたいものです。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/ykjc9/3870555699/)