はじめに

みなさんはご自分をどんな女性と認識しておられますか?

「かわいい系女性」「癒し系女性」「セクシー系女性」etc・・・

ここでは所謂「無理目な女性」について認識を深めてみましょう!

「無理目」=一見オトせないかもしれないが、頑張ればイケるかも。

最初から「高嶺の花」な女性には、よほど自分に自信があるか、お金がない男性以外はなかなかアタック出来ないものです。こういう女性に男性は弱いのでは?

あなたもぜひ「無理目な女性」を演出して、意中の男性から告白されるようなシチュエーションをつくってしまいましょう!では「無理目な女性に見られるテクニック」を伝授したします。

1.服装は「やや」セクシーで。

あまり胸元が開いているような判りやすい過激な服は「安い女」のイメージを与えてしまいます。

露出するなら「脚」の方が効果的です。あえてあまり上半身は露出せず、網タイツを穿くなどが良いかもしれません。

それか「胸の谷間だけ強調して下はパンツ」という服装も「無理目感」がありますね。

やはり黒い服は他の色の服より「無理目感」が高いと思います。差し色に「赤」を使うとよいかもしれません。「赤」には人を興奮させる心理的効果があります。

2.常に斜に構える。

真正面でお話するよりは、少し身体を捻ったり、頬杖をついたりしましょう。

たまに話を聞かない、などイレギュラーな反応をされると、男性は「な、なんだこの娘」と思い、それが「引力」となり「思い通りにしてみたい!」という男の本能をくすぐる事でしょう。

3.メールの返事をすぐに返さない。たまに電話に出ない。

すぐにメールを返す女性は、男性に安心感と「あ、こいつすぐにいけるな!」
という気持ちを与えてしまいます。

「無理目な女」を目指すなら、すぐ返したいのをこらえて数日後に「ごめん、遅くなって」などと白々しく返事をすると返事のない間に男性は「なんで返信が来ないんだ!」と悶々とし、メールが来た瞬間、「よっしゃ~!」となります。

電話も同様です。あえて出ない。掛けなおさない。

で、相手がしびれを切らせて再度掛けてきたら出る、とか。もう男性は貴女にすっかり振り回されてしまってます。

4.キスやボディタッチはやたらするが、最後まではさせない。

これはかなりのポイントです。

官能的なキスや、別れ際のキスはサクっと毎回しちゃってください。

そしてそのままお別れ、をデートで何回か繰り返すのです。

「無理目な女」は簡単にカラダを許しません。その代わり、たまに自分からボディタッチをしたり、逆にされたらその手をさりげなく払う、などの駆け引きが大事です。

「ど、どっちなんだよ!」と男性を撹乱させましょう!

おわりに

この4つのテクニックを駆使して「無理目の女」を目指して「無理目な男性」をゲットしてみてください!

そんな記者本人は「元無理目女、現干物女」です(笑)

(Photo by http://www.flickr.com/photos/arcticpuppy/4785359192/)