はじめに

何度経験しても、やっぱり失恋は辛いですよね。

「何週間も落ち込んでしまう・・・」
「仕事も手につかない・・・」

なんて方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

少し考え方を変えてみるだけで、そんな毎日から抜け出せるかもしれませんよ。

失恋した直後

生活の一部になっていた恋人と別れてしまうのは、やはり寂しいし辛いですよね。強がってみたって、笑っていたって、やっぱり悲しいです。

それは仕方のないことですし、数日は悲しんでも泣いても構いません。恋人との思い出に浸ったり、たくさん泣いたり、自分の気持ちに正直に過ごしましょう。まずは、自分の気持ちを認め、受け入れることが大切です。

この時、悲しい気持ちや弱い自分に背を向けてはいけません。自分の気持ちに蓋をして「大丈夫だ」なんて言っていても、それは目を瞑り耳を塞ぎ、その場で足踏みをしているだけです。

その後

数日思う存分悲しめば、少し気持ちも落ち着いてくるはずです。少し周りが見えるようになれば、現実も見えてきますよね。どれだけ悲しくて絶望的でも、必ず新しい明日がやってくるのです。

さて、ここで考えてみましょう。「失恋」とは、恋を失うと書きます。あなたが失ったのは、恋人ですね。ですが、恋心まで失ったわけではありません。だからこそ、悲しむことができるのです。

悲しければ悲しいほど、あなたの恋心は大きく深いものだったのでしょう。とても素敵な気持ちですね。それまで失くしてしまう必要はないのです。

失った恋人にも、二度と会えないわけではありません。そんなに素敵な恋心をお持ちなら、もう一度出直して1から頑張れば良いのです。

それが無理だと思うのなら、その程度の相手だったのですから、次への一歩を踏み出しましょう。

「もう一度」と思うなら

別れてしまったということは、何か足りなかったモノや、埋められなかった溝などがあったはずです。もし、もう一度アタックしたいと思うのなら、まずはそれが何だったのかを考えましょう。

それを改善できないままに、すがりついたり、アタックしたりしても意味がありません。それでは何も変わらず、同じことをくり返すだけです。

今は焦らず、1人になった今だからこそ見えてくるモノを大切に、変わる努力をしていきましょう。

失恋した今できること

苦しいのは、きちんと自分と向き合えているからです。そんなときほど、自分や周りがよく見えます。

苦しい時こそ上り坂、失恋した今は変われる絶好のチャンスなのです。恋人のことばかり考えていた時は、なかなかこんなチャンスありませんでしたよね?

ですから、苦しければ苦しいほど、あなたはそれだけのチャンスを手にしているのです。せっかく苦しいのだから無駄にせず、必ずいい男・いい女に生まれ変わってやりましょう!

(Photo by http://www.flickr.com/photos/lel4nd/4277978437/)