はじめに

肉食系男子というのは、草食系男子の登場と同時に、男子を二分類するために出てきた言葉です。

簡単に言えば、肉食男子とは女子からモテるということに、最大の価値を置いている人種であるということができるでしょう。

こうした男子をモノにする方法を紹介しましょう。

すぐには誘いに乗らない

肉食男子は伝統的な男子の特徴である「女好き」ですから、ちょっと親しくなるとすぐに誘ってきます。

でも、彼らは女子とのかけひきを通して、自分のモノにするプロセスを楽しんでいるのですから、すぐに誘いに乗ってはいけません。

ジラすことで、彼らの欲求を満たしてあげましょう。

このジラしのテクはバブル世代の女子が得意です。知り合いにバブル女子がいたら尋ねてみましょう

ベッドテクを重視

肉食男子の大きな特徴として、女子のベッドテクを楽しむということがあります。

ベッドテクといっても、風俗嬢のように達人になる必要はありません。

ベッドでの反応それ自体に個性が光ればよいのです。彼からの求めに応じて、なんでもするという意気込みがあれば、自然体で良いのです。

いわゆる「マグロ」=されるがままはいけません。自分も楽しむという気持ちが大事です

おねだりは遠慮せず

肉食男子の良い点として、女子のワガママを楽しいと感じる才能があります。

なんでもいいから、オネダリしてみましょう。

「美味しいパスタのお店知ってたら紹介して!今度いっしょに行ってみたいな〜」
「こないだ、○○でかわいいアクセ見つけたの。ちょっと欲しいかな〜なんて思って・・・」

草食男子にこんなセリフを言ったら、「自分で行けば」と言われて終わりですが、なにしろサービス精神は旺盛な肉食男子は、そうしたプチ・ワガママを快く思うでしょう。

おわりに

肉食男子は、ハンターですから、一人の女子で満足することはありません。

いわゆる、「浮気」を許せないようでは、肉食男子はモノにはできません。

逆に「いつでも、この女のところに戻ることができる」という存在になることで、オンリーワンな存在に昇格できると言ってもよいでしょう。