はじめに

別れた彼、彼女をずっと忘れられない…どうしてもよりを戻したいと思ったことはありませんか。

もし本当に相手を想っているのなら…

一度きりの人生です。悔いの残らないように、もう一度想いを伝え、できれば復縁したいと思いませんか。今からご紹介するポイントは、筆者の知人で実際に起きた「失敗」を参考にしたものです。

別れた恋人とよりを戻すためのポイント

想いを伝える

まず、自分の想いを今一度伝えます。メールがベターでしょう。実際に会って伝えたいと思うかもしれませんが、メールにはいくつかのメリットがあります。

メールは文章として残るので、相手も自分も何度も読み返すことができます。そして何より、伝える内容が大切ですから、文字に書き起こすことによって、冷静に丁寧に想いを伝えることが出来るでしょう。

ケンカ別れの場合は、ひとまず、自分の悪かった点を心から謝罪し、改善することを伝えましょう。そしてどれだけ相手が自分に必要なのかを伝えます。より詳しく、より誠実に伝えましょう。

ひたすら待つ

上記で復縁できればよいですが、そう簡単にはいかないかもしれません。その際はとにかくひたすら待ちましょう。

どんなに長い年月であっても、相手を想う気持ちが薄れないのであれば、何年でも待つ覚悟でいてください。人生何が起こるか分かりません。

相談相手になる

もし相手に付き合っている人がいたとして、どんなに仲がよかったとしても、ケンカはします。また、恋愛以外でも様々な悩みがあるでしょう。そんな時、強いのが元彼、元彼女です。

なぜなら、付き合った年月が長ければ長いほど、相手の事を知っているからです。一番相談しやすいのが元彼、元彼女だという人もいます。どんな相談でも必ず聞いてあげましょう。

かけがえの無い存在になる

なんでも話を聞いてあげて、的確なアドバイスをしてあげてください。

例えそれが復縁には結びつかなかったとしても、相手の心には愛情が芽生えるはずです。相手にとって無くてはならない存在になりましょう。一番の理解者になることです。

自分を磨く

それと同時に、自分を磨くことも忘れないでください。いつか再会したときのために、レベルアップしておきましょう。

絶対してはいけないこと

くれぐれも焦って、自分からしつこく電話をしたり、友人に愚痴ったりしないでください。関係は悪くなり、信頼も失われます。そういった相手に自分の心を許すことはありません。友達としても会えなくなってしまいます。気をつけてください。

さいごに

相手を長年想い続けるひたむきさは、人の心を必ず動かします。自分の想いを押し付けることなく、愛が憎しみに変わらないように、人を想う気持ちとは何かを今一度考えてみましょう。

どんなにつらくても、乗り越えたときには必ず実りのある豊かな人生が待っています。