はじめに

楽しくメールをしていたはずなのに、急に喧嘩に発展してしまった・・・
なんて経験はありませんか?メールは便利ですが、やはり難しくて不便な点も多いですよね。

以下、乙女心を傷つける前に、避けたい3つのポイントをご紹介します。

避けたい3つのポイント

その1 短文

「うん。」

「わかった。」
など、一言だけで返すパターンです。これは、メールを続ける意思がないのだと受け取られてしまいます。付き合いが長くなれば、忙しい時や余裕がない時などはめんどくさいと思ってしまうこともありますよね。

でも、彼女は傷つき、彼は変わってしまった、愛情がなくなってきていると感じてしまいます。

「了解。今忙しいから、後でまたメールするね。」
など、一言付け加えてあげて下さい。それだけで、受け取る側からすれば随分と違うものなのです。

その2 喧嘩中のメール

何かで喧嘩していたり、揉めたりしている場合、メールで話すのはお勧めしません。そういう時は、物事をマイナスに捉えがちです。

なので、メールだと悪い方にばかり受け取られてしまい、勘違いで状況が悪化することがよくあります。なるべく会って話すか、電話にしましょう。

落ち着いてゆっくり考えてメールをしたいという場合は、パソコンですることをお勧めします。小さい画面に向かって考えるより、広い画面で考える方が心の視野も広がるのです。

その3 放置

いつもしている時間にメールができない場合、待っている側は心配したり不安になったり・・・。そして、その内それが怒りに変わってしまうのです。

事前にメールできないことがわかっている場合は、一言それを伝えておいてあげましょう。できなかった場合は、まず1通目に謝ってあげて下さい。

「○○でメールできなかったよ。ごめんね。今からいっぱいメールするから許して!!」
などといった文面がお勧めです。できなかった理由、彼もメールをしたいと思ってくれている気持ちがわかる文章が入っていると、嬉しくなってころっと機嫌が直ってしまったりするものです。

おわりに

少しの気遣いで、無駄なもめ事はなくしていけたら良いですね。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/k14/3785533520/)