はじめに

安心できる相手との出会いは嬉しい反面、マンネリとの戦いです。せっかくホッとできる相手と出会ったと思っていたのに、マンネリで飽きられてサヨウナラでは悲しいですよね。

これってマンネリかも?と、思った時に試してみると良さそうな打破方法をいくつか書き出してみました。

流行を利用する

マンネリを解消するには、いつもと違う事をしてみるというのが良いですよね。

せっかくなので、流行を利用するのも手だと思います。いつもは流行なんて関係ない、自分流でいく、と、いう方も、今は何が流行っているんだろう、と、流行をチェックする事から始めてみてください。

メイドさんが流行っているからメイドのコスプレをしてみた、と、いう形でもいいですけど、できれば二人で出来る事の方が良いと思います。

登山が流行っているから、スポーツショップにいって、どんな道具が必要なのかをチェックしてみるとか。少しでも動き始めると、そのままを真似するような形でなくとも二人で何か始めるきっかけになると思います。

登山までは大変だからトレッキングをしてみよう、とか、綺麗な景色を見にドライブデートしよう、とか、何かいつもと違う事を二人でやりたくなってくると思います。

定番を利用する

意外と定番のベタな事をしないまま付き合いが深まり、マンネリに陥るパターンもありますよね。

年齢の数だけのバラの花束とか、高級レストランでのデートとか、綺麗な夜景を見に行くとか、砂浜に好きとか書いて波に消してもらったりとか。

山のようにベタはあると思いますが、全部やってきたというカップルは少ないと思います。

マンネリかも、と、思ったら、定番の事とか、ベタな恋愛映画みたいな事を二人であえてやってみると良いかもしれません。

ベタと言われながらも盛り込まれる要素って、やっぱり盛り上がるんじゃないでしょうか。

とりあえず言ってみる

やってもらいたい事とか、してみたい事って、あるけど言わないパターンもありがちですよね。それを、とりあえずパートナーに伝えてみましょう。

可能なもの、不可能なもの、色々あるから期待はしないほうがいいけど、不意打ちでやってもらえたら盛り上がりますよね。

年の数だけの花束を貰ってみたい。

と、パートナーに言ったら、パートナーが庭に花の種を蒔き始めた、とか、あったら、ちょっとワクワクしませんか?

言わないと、やっぱり伝わらないので、とりあえず言ってみる事って大事だと思います。

ただし気をつけなければいけないのが、大金のかかることを冗談で言うパターンです。

全部は無理だけど一部だけでも叶えてあげよう。

と、思われて、貯金使っちゃったり、ローン組まれたりするパターンは困ります。

不意打ちの借金は困るので、お金のかかる事は二人で決めよう、と、はっきり言っておくことも大事です。

おわりに

マンネリは、やっぱりツマラナイと思うので、少しでも楽しくなるように工夫してみましょう。

オムライスのケチャップをハートマークにしてみるだけでも雰囲気は変わるので、気付いたときにはマメに何かを仕掛けてみましょう。