はじめに 

シャトーカミヤ。映画やドラマのワンシーンのような景色は、秋に行きたいデートスポットです。

シャトーカミヤでは明治時代に国産ワインへの挑戦が行われ、現在もボトリングの工程を行っているワイナリーがあります。

茨城県牛久市。最寄駅は牛久駅です。常磐線で上野駅から約50分、特別快速なら約45分。

牛久駅前の陸橋からシャトー通りを進み、一直線。徒歩約20分。陸橋からは筑波山も遠望できるロケーションです。
シャトーカミヤ

ポイントその1 魔法学院

シャトーカミヤの正門から見えるのは、文字通りシャトー(城)です。

TVドラマ「魔法先生ネギま!麻帆良学園中等部3-A」の撮影も行われた建物がシャトーの本館です。本館をくぐり抜けると、噴水と水路の中庭が広がります。

ポイントその2 ワイナリー

日本初の本格的ワイン醸造場であるシャトーカミヤでは、現在でも「牛久ワイナリー葡萄の城」「カミヤスペシャルセレクション」のワインのボトリングが行われています。

オリジナルワインの供給と、ブドウの試験栽培も再開されていますので、ブドウ畑とワイン醸造場の両方の空気を満喫できます。

ポイントその3 庭と畑とレストラン

散歩するのに最適な庭は、四季折々の樹木の花も楽しめて、ぐるりと一周すると、なかなかの運動量になります。

登山やハイキングには気構えが必要と感じてしまうかたでも、敷地内の展望台散歩は気軽に挑戦できると思います。

園内のレストランキャノンは、ワイン貯蔵庫を改装した風雅なフレンチレストランです。

ワイン貯蔵庫としては100念の歴史を誇っていたそうです。高い天井が、心からくつろげる時間にピッタリで、内装はワインを味わうにピッタリな雰囲気です。

おわりに

音楽が流れる小庭も、おしゃべりしながら歩くのにピッタリです。心地いいBGMです。

秋から冬は日没時間が早まって来ますから、夕食の頃にはライトアップも楽しめます。駐車場に隣接して美味しいパン工房もあります。

天然酵母を使用したパンはワインとチーズにピッタリで、秋の1日のお土産にもピッタリです。帰ってから自宅で味わえば、牛久の1日の余韻を思い出せますよ。(Photo by 水風 島)