はじめに

「脈ありだと思って告白したら振られた」

そんな経験はありませんか?特に男性に多いのではないかと思います。男性は異性にたいしてストレートに気持ちを態度で伝えることが多いので、女性側からすれば脈ありサインを脈なしだと見間違えたりすることはあまりないでしょう。

しかし、女性は異性にたいして男性とは態度が全然違います。女性は男性に勘違いさせてしまうことが多々あります。勘違いさせられたことがある人は少なくないでしょう!

今回は女性からの脈ありのサインを勘違いしないために、脈ありではない女性の行動をピックアップし、特に判断が難しいものを紹介したいと思います。

スキンシップ

「スキンシップといえば脈ありサインの代表では?」

と思った人は勘違いです。たしかにスキンシップは脈ありサインのひとつでもありますが、それは1つ間違えば勘違いなのです。

大事なのはスキンシップの対象が自分だけ他の異性もなのかです。自分だけへのスキンシップであれば脈ありサインでしょうが、他の異性にも同様に行っている場合はそれは勘違いの可能性です。

一緒に遊びに出かける

「2人きりで出かけたら脈ありでは?」

いえいえそう断言するのはまだ早いです。これも上のスキンシップと同じで、大事なのは自分だけなのか。ということです。

当たり前のようにどんな異性とでも2人で出かけているかどうかをチェックしましょう。他の異性とも出かけているのであればそれは勘違いです。気をつけましょう。

場合によっては勘違いではありませんが、キープされている可能性もあります。

密室で過ごす

「カラオケや自室などで2人きりになる状況に応じる女性って脈ありですよね?」

いえいえ、そんなことはありません。たしかに異性と2人きりは女性にとってあまりよいものではありません。しかし異性とすら見られていない場合は別です。何も気にしないで密室で2人きりになることもあるでしょう。

密室になる前に、襲っちゃうかもよ?などと冗談交じりな会話を交わし、異性として見られているかを判断し、勘違いを避けましょう。

おわりに

今回紹介した勘違いポイントは非常に判断が難しいものばかりです。さすがにそれは違うでしょと、いままで勘違い男性を批判していたそこのあなたも上のような状況では判断も難しいのではありませんか?

今回のは上級編です。レベルの低い勘違いにはもう騙されない!という人は是非参考にして、勘違いに気をつけてみましょう。

また、初級編の記事も書きましたのでもっとレベルの低い勘違いを知りたい!という人は是非参考にしてみてください。

脈ありを勘違いしないためのポイント(初級編)