はじめに

音楽大好きな恋人同士におすすめなのが、フェスに行くデートです。普通のライブと違って、大人数のミュージシャンが出演するフェス。しかも長時間にわたります。

ひとりではちょっと不安、友達同士だと観たいミュージシャンが違って遠慮してしまう・・・そうおもっているかたにお薦めなのが、恋人同士で行くフェス。恋人同士ならお互い自分の観たいミュージシャンを遠慮なく言えるでしょう。

また、普段音楽に興味がない恋人をフェスに誘ってみるのもいいですよね。いろんなミュージシャンが出るので、「これいいな」とおもってくれるような音楽に出会えることもあるでしょう。

それに、自分が好きなミュージシャンの生演奏を聴かせることでファンにしてしまうこともできるかもしれません。フェスは音楽以外でも楽しめるものがいろいろあるので、スペシャルなデートになること間違いなしです! 

では、その楽しみかたのコツをご紹介します。

恋人と初めてのフェスデートを満喫するコツ

フェスのタオルを買う

フェスがはじまるまえに物販(フェスで販売するいろいろなグッズ)をしています。そこで、ぜひゲットしたいのが首にまける長いタオルです。

ライブではとにかく汗をかきます。真冬のライブでも汗だくになるのですから、タオルは必須なのです。フェスにいってみるとわかるのですが、皆、ライブがはじまる前にタオルを買って、首に巻いていますよ。

タオルはいろんな柄や色があり、おしゃれのワンポイントにもなります。もちろんフェスの想い出にもなるのでぜひぜひゲットしてみてください。

半袖Tシャツなど薄着で動きやすい服装をする

ライブではとにかく汗をかきます。夏ならともかく冬のフェスならそんなことないでしょ? とおもわれるかもしれませんが、季節は関係ありません。

特に観客が大勢密集するステージ前方部分にいると、ライブがはじまってからの盛り上がりは物凄いものがあります。まさに滝のような汗が流れてきて、すぐに服は汗でぐっしょり濡れてしまいます。

厚着はくれぐれもしないように。半袖Tシャツに運動靴という軽装がベストです。しかしライブが終わると肌寒く感じることがあるかもしれないので、はおるものを腰にまきつけておくといいかもしれませんね。

大抵のフェスでは、荷物をちゃんと預けられるシステムが整っているので、安心してください。冬のフェスの場合、行き帰りはあったかく、フェスでは涼しい格好でいるのがフェスを満喫するコツです。

休憩時間をちゃんととる

フェスは長丁場です。自分が観たいミュージシャンのライブをはじめに決めておき、それ以外の時間は休憩することが大切です。食事や水分補給、トイレなどに行く時間を余裕をもってとることをお薦めします。

広い休憩場所をとっているフェスもありますので、そういう場所で体を休めることも大事ですね。仮眠をとる方もいるようです。フェスを楽しむためには自分の体を常にベストな状態にしておくことも大事です。

おわりに

フェスでは恋人同士で音楽にあわせて踊りまくって楽しむこともできますし、会場の後ろのほうの広いスペースで、手をつないだりしてロマンチックに音楽を楽しむこともできます。

普通のライブとは一味も二味もちがうフェスをぜひ楽しんでみてください。