お店選びを一緒にしましょう

気になるあの子とお食事をするデートの約束をしたものの、どの店にしたらいいのかわからない・・・。そんな男性は多いと思います。

実は女の子からしてみると、「どこにいくか」も大事なのですが、「どのようにお店を決めたか」もとても大切。自分のためにどれだけ時間と頭を使ったか、というのがないと「いつも女を連れてきてるんでしょ」と思われてしまう危険性もあります。

そこで、お店を選ぶ時から女性の心をつかむ方法を紹介します。

ポイント

ポイントは、「お店選びを一緒にやる」ことです。

お店選びを一緒に行うと

  • 共通目標の設定
  • お姫様気分の提供
  • 達成感の共有

を演出することができます。

それでは女性受けがいいお店選びのステップを見てみましょう。

女性受けがいいお店選びのステップ

STEP1

STEP1は「何を食べたいか?」を一緒に決めることです。

事前に食事内容を相談するところから、ふたりの共同作業は始まります。デート前にコミュニケーションすることで、ふたりの関係を深めるキッカケとなります。

しかし、このときに、「何食べたい?」と女の子に聞くことはNG。女の子はまるで丸投げをされたように思ってしまいます。

必ず、「激辛料理、和食、イタリンアン、どれがいい?」といったように選択肢を与えることが大切です。

STEP2

STEP2はお店の候補を上手に提供することです。

食べたいモノが決定したら、どのお店にいくかを考えますよね。ここでぐっとくる候補を出すのが何よりも大切です。

ここで大事なのは

候補のお店を見つけてくるのは男性、好きなお店を選ぶのは女性

という構造にすることです。

「選ぶ」という行為をすることで、女性はエスコートされているように感じ、お姫様気分を味わえるキッカケとなります。

では、お店候補はどのように選んだらいいでしょうか。ここでの候補は、3つのプランにわけます。その3つとは

  • 「無難」
  • 「現実的」
  • 「女の子の想定外」

です。以下に例を見せていきます

「ちゃんこ鍋」をテーマとした場合

「普通のちゃんこ、有名なちゃんこ、相撲部屋で食べられるちゃんこのどれが良い?」

「ビール」をテーマとした場合

「普通の居酒屋、ビール専門の居酒屋、大人の社会科見学として、ビールの製造工程を見てから、ビールを飲むプランのどれが良い?」

このように、「無難」「現実的」「女の子の想定外」をセットにすることにより、「この人は企画力があって、一緒にいると面白そう・・・」と思わせることもできます。

STEP3

お店が決まったら実際にお店にいきます。

そこで「こう決めたけど正解だったね!」など、ふたりでこのお店を決めたけどよかった、ということをきちんと伝えます。

ほとんど女性は何もしていないのに、ふたりで達成したような気持ちにさせることが大事です。頼れる男なのに、恩着せがましくない、というのがポイント高いです。

デートの際に少しでも女の子に達成感を与えることができれば、デートの満足度を上げることができます。「またこの人とデートしようかな」と思ってもらうことでリピート率を各段にアップさせることもできるかも。

おわりに

多くの男性は、デート本番での振舞いが、デート成功の鍵を握ると考えているようです。

しかし、実際には、デート前の段階からデートが始まっています。女性の目は本当に厳しいのです。

今一度、「女の子の喜ばせる」という事に目を向けてみていかがでしょうか?

関連記事

この記事はスゴレンが提供しております。