女の子へのメールには、感情表現を追加しよう!

メールは、恋愛を発展させる上での出需品です。女の子が喜ぶメールを送ることで、距離をぐっと縮めたいですよね。

そこで、今回は、女の子へメールを書く際の手順をご紹介します。

3つの手順

その1:絵文字の嗜好性をチェックする。

「女の子は全員、絵文字が大好き。」という幻想を抱いていませんか?

女の子へのメールに、毎回絵文字を入れている男性は、問題かもしれません。すべての女の子が絵文字を好むとは限らないからです。当然ながら、人によって好き嫌いがあります。

メールをする上で、最初に確認すべきことは、相手の女の子の絵文字に関してどう思っているのか?ということです。

相手が絵文字が好きなのか、それともあまり好きではないのか、という点をチェックする必要があります。

チェック方法は、簡単です。

  • 相手のメールに絵文字が多様されていれば、絵文字大好き
  • あまり使われていなければ絵文字が好きじゃない

もちろん例外もありますが、だいたいこのパターンで問題ありません。

大事なことは、女の子に対する推測力。一方的な思い込みで、「女の子だから、絵文字を好むはず!」と考えることなく、最初に絵文字が好きかそうでないかをチェックしましょう。

その2:書きたい内容の要件だけ、下書きする。

まずは、メールの骨格を書きます。伝えたい内容の要件を書きましょう。

できる限り、

  • 「いつ」
  • 「どこで」
  • 「だれが」
  • 「なにを」
  • 「なぜ」
  • 「どのように」

という項目を意識して、的確に伝えるようにしましょう。

無理に適応する必要はありません。意識することが大事です。

メールでのコミュニケーションは、書かれた文字だけで、意味合いを判断されます。曖昧な言い方で、誤解を招かないように、注意して、書くようにしましょう。

例えば、

「明日、夕方五時に新宿のアルタ前で待ち合わせね!」

と要件だけ、的確に伝えるメールを書きます。

この段階では、まだ下書きです。

次の工程が重要です。

その3:メール内容に感情を加える。

この工程が非常に重要です。

要件、伝えたいことを記載したメールの下書きに、自分の感情を加えてください。

例:「明日、夕方五時に新宿のアルタ前で待ち合わせね!楽しみにしているよ。」

この「楽しみにしているよ」という感想を加えることが重要です。感情を加えることで、当日までのテンションを上がっていることをアピールするようにするのです。

女性は感情の単に事実だけを書かれてもぐっと来ません。男性にとっては、メールは単なる連絡手段であっても、女性にとっては、そのときの感情をアピールする日記ような手段なのです。

つまり、男と女では、メールに対する位置付けが異なるのです。

男性から女性にメールを送る際には、ついつい単なる要件だけ送りがちですが、感情をアピールするために、メールの内容に感情を盛り込みましょう。

おわりに

メールを書く際には、

  • 「絵文字の好みのチェック」
  • 「的確な要件を書いた下書き」
  • 「感情表現の追加」

このような手順を踏んで、メールすることで、
女の子が喜ぶメールを作れるはずです。

特に、最後の「感情表現の追加」が重要項目です。

是非、意識してメールを作ってみましょう!

関連記事

この記事はスゴレンが提供しております。