はじめに

『出会いがあれば別れがある』

同棲生活に幕を閉じてしまった時、自身も言い聞かす様にその言葉を唱えたものです。

近くも遠くもない過去

「君が居るから俺も頑張れるんだ」「一緒にれる事が幸せ」「本当に愛してるよ」

その言葉を聞いた瞬間

「明日も頑張ろう」「やっぱり私の事を理解してくれるのはこの人しかいない」

なんて、心から思ったものです。

そんなあなたはもう私の隣には居ない。家に帰っても一人、友達が居る時は辛うじて気分も晴れるし楽しめてる、でも一人になれば・・・

今日は同棲生活が終わった時何をすべきかをお伝えしたいと思います。

STEP1 引っ越しをする

まずはじめに、楽しかった日々はもう終わってしまったのです。

単純なことですが、同じ場所に居る必要はもうないのです。新しい幸せを掴む為、悲観的になる自分をリセットする為、前向きな生活に戻る第一歩のスタートとして引っ越しをしましょう。

引っ越し先のポイント

自分の趣味を満喫できる所がいいです。

自然が好きなあなたは郊外へ引っ越してみる。お酒や夜遊び好きなあなたは都会の真ん中へ思い切って引っ越してみるetc...

思い切れば思い切るほどあなたに新しい幸せがきっと舞い込んできます。

その際に使っていた食器や家具類は持って行かないようにしましょう。多少もったいないと思いますが、思い出し悲観的になり枕を濡らすよりかはそれでいいのです。

落ち込んでいる時間も幸せな時間も平等に時は過ぎていきます。ですから落ち込んでいる時間を過ごすことの方が思い出の品を捨てる事よりもったいない事なのです。

STEP2新しい場所で趣味を満喫する

同棲生活時代お金の面で自分の趣味が満喫できなかった事もあるでしょう。

ですがあなたは良い意味でもう一人です。あなたのお金は結婚資金の為貯金することもなく、あなたの趣味や新しい生活へ投資する為にあるものなのです。

共通の趣味がある夫婦ほど強い絆で結ばれている事はご存じでしょうか?その趣味を通して新しい出会いに恵まれもっと素敵な幸せを掴めるはずです。

STEP3友達と居る時間を思う存分楽しむ

さて、新しい生活にも慣れて来ると気分の浮き沈みやマンネリで退屈に思える日や友人は新しい彼や彼女とうまくいっているのになぜ私には・・・と言う考えが出てくるかもしれません。

しかし一度良く考えてみて下さい。

どんなにうまくいっているカップルにも二人にしか分からない問題を乗り越えて今があると言うこと。

羨むだけでは何も生まれません。むしろ虚しさだけが残るだけです。

長きに渡った同棲生活に終止符が打たれ、『もう結婚も、恋愛も無理かも知れない』と涙を流し悲観的になっていた日々、友人が家族が居たからこそ、少しでも前向きになろうと思える自分がそこに居たのではないですか。

おわりに

私の友人は落ち込んでいた私にこう告げました。

「試練と言うものは乗り越えれる人にしか与えられない。悩み事は君に与えられた試練なんだよ。でもきっと乗り越えられるから。いっぱい悩むといいよ」

悲観的になっていた時にかけられた何気ない言葉。友人がこの言葉を伝えてくれたお陰で私は悩む=前向きになれるきっかけと考え方を変える事ができました。

長きに渡った同棲生活に終わりを告げられた当時、勤めていた会社が倒産するという二つの悲劇に遭遇し私も相当悩み苦い日々を過ごしました。なぜ私だけこんな苦しい思いを・・・と酒浸りの日々を過ごした事もありました。

でもあなたには家族や友人が居る。その人とは縁が無くてもあなたは一人ではないし別れたからと言って死んでしまうと言う環境に居る訳でもないのです。

今は辛くとも明けない夜はないと言うことを自分に言い聞かせて下さい。

あなたはきっともっと幸せになれます。ゆっくりマイペースでいつもの笑顔を取り戻して下さい。