メールテクを制すモノは恋を制す

初対面で出会った異性に気をもってもらうための手法です。

そもそも脈がありえない場合はまったく効果がないかもしれませんが、ケースによっては相手から最初はあまりよくない印象をもたれている場合でも、この手法を使うことで気をもたせることができます。

やりかた

STEP1

会ったその日は、相手の情報(こちらの情報ではなく)をちりばめて好感をもってもらえるレベルの挨拶メールをして様子を伺う

STEP2

返事の有無に関わらず、1日に1通以上メールを何気ない内容で送り続ける。

返事の脈があまりに弱い場合はあえて、こちらが好意があることを伝える。

STEP3

STEP2を7日間実行した後突然一切メールのやりとりをやめてみる。

STEP4

一週間も密にコミュニケーションをとっていた人から急にメールがしばらくこなくなるとなんとなく寂しくなりしびれを切らして相手から連絡が来る。

STEP5

相手がこちらに気を持ってくる。

結論

この手法の基本的な考え方は男女の心理的な駆け引きにおいて、

  • 追いかけるほど逃げられる
  • 逆に引かれると追いかけたくなる
  • こちらが積極的すぎると相手はいつでも手にはいるものと思ってこちらの価値をさげてしまう。
  • 自分に興味をもったり、ほめてくれる人に対して悪い気はしない。

あたりのポイントを応用しています。

ぜひお試しください。

関連記事