はじめに

あなたは復縁はできないとあきらめていませんか?

もしくは狂ったように相手に連絡してはいませんか?

そんなことをしたら、復縁できるものも、できなくなってしましますよ♪

元カレ・元カノと「復縁したい!」と思うのであれば、決してあせることなく、自分を見失わず、順を追うことが大事!

そこで今回は、失敗しないために、よりを戻したい人がやってしまいがちな失敗例をご紹介したいと思います。

復縁したいしたい人がやりがちな失敗例

失敗例1:再度相手に振り向いてもらうために、自分磨き。

これはよくあるパターンです。

自分磨きをするために努力をすることは確かに大事です。

しかし、現実問題、相手はあなたのその努力には気づきません。

なぜなら相手にとって、もう既にあなたには興味関心がない場合がほとんどです。

無駄ではありませんが、これだけしていても、復縁の成功は程遠いでしょう。

失敗例2:占いに依存する

女性にありがちでなパターンです。

占い師に占ってもらっても、結局は運任せといえるでしょう。

復縁するためには、最初はこちらから動く必要があります。

占いで復縁できるなら、占いに行かなくても復縁できるでしょう。

失敗例3:暴飲(暴食)に走る

男性にありがちのパターンです。

お酒を飲むことで気を紛らわすことはできるかもしれません。しかし、それだけでは元カレ元カノは戻ってきません。

もしあなたがお酒に逃げているようでしたら、一刻も早く立ち直って、復縁するための行動を起こすようにしましょう。

失敗例4:無理に新しい恋を探し、苦しくなっている

確かに新たな恋を探して、次にいくという手段は悪くはありません。
次の人がもしかしたら前の恋人よりもよかったというケースもあります。

しかし、復縁したいと思う程、前の恋を引きづっているときに、次の恋をしようとしても、どうしても前の恋人と比べてしまい、結局、誰とも結ばれない。という結果に陥ります。

おわりに

いかがでしたか?

もし、あなたが復縁したい!と思っているのなら、失敗例のような行動をとって、復縁の可能性を低くしないでくださいね♪

お気をつけをつけあれ♪