はじめに

恋人と付き合い始めて、初めて自宅に招かれたとき。「ウチでごはんでも食べようよ」と言われたら、思わず胸ときめくものですよね。

今回はそんな恋人と初めて「おうちごはん」するときのポイントをご紹介します。

フットケアはOK?

初めておうちに招かれたとき、気になるのが靴を脱いだあと。

タイツに毛玉が、靴下に穴が、素足ならカカトや指がゴワゴワで見られたらどうしよう、と落ち着かない…ということのないようにケアしておきましょう。

タイツや靴下は新しいものを準備しておくとして、フットケアはこんなものを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ベビーフットイージーパック

ただし約束の2~3週間前にはお手入れを終えておかないと、皮がポロポロの状態で素足になることになりますので注意しましょう

すぐキレイにしたい!という場合はこちらを
ピーシャイン ビューティフット
なめらかかと お徳用12枚入

相手の家の調味料はチェックOK?

相手のうちで手料理を振舞おう!というときに気をつけたいのが調味料。自宅では「揃っていて当たり前」のものが、ない場合もあります。

あらかじめ「○○ってある?」など確認しておくか、少量タイプのものを購入する、自宅から持参する、など確認しておきましょう。

失敗知らずの鉄板レシピを覚えておく

どんなに適当に作っても、「ある程度はどうにかなる」というお料理のレシピを覚えておきましょう。

カレー

お好みの肉(牛・豚・鶏)、野菜(じゃがいも、にんじん、たまねぎ)を入れてルーを入れるだけでカンタンにできるといえばカレー。

初めてのおうちごはんであれば、お肉にいいものでこだわってみたり、シーフードカレーにしてみたりなどバリエーションを試してみてもいいですね。

予めお肉に塩コショウをし、フライパンで周りをしっかり焼いておく方が、味が締まって付いていいようですので、ぜひお試しください。

これからの季節、失敗知らずのカンタン料理といえば鍋。材料を切ってしまえば、あとはどんどん煮ていくだけ、というシンプルさです。

差をつけるとすれば、ダシやシメのごはん・うどんにこだわってみましょう。また、薬味の種類を増やすだけでグッとごちそう感が出ますよ!

オススメの薬味は
- 一味・七味
- ゆず胡椒
- 万能ねぎ
- すりごま
- 青じそ
- ごまだれ
- おろしにんにく
- おろし生姜
など。チューブや瓶で売られているものも多いので、スーパーでチェックしてみましょう!

また、いつもの鍋にキムチと味噌を入れるだけで、風味が変わって楽しめますよ。

餃子

タネさえ作ってしまえば、皮に包むところはぜひ恋人と一緒に!ポイントは予めしっかりタネを練っておくことくらいです。

タネの基本的な材料は
- 白菜もしくはキャベツ(塩もみして水分を出しておく)
- にんにくのみじんぎり
- にらの小口切り
- ひき肉(1人80gを目安に)
- 長ねぎのみじんぎり
で、お好みで生姜や青じそを加えてください。ラードを足すとグッとコクが増します。

タネをよく練っておくところまでは自宅で済ませ、皮とタネを持参して恋人のうちで一緒に包み、焼くのも楽しいもの。

そのときに気をつけたいポイントは
- フライパンにごま油をよく熱し
- 包んだ餃子を隙間なく並べたら
- 片栗粉もしくは小麦粉を溶いた水(お湯)を注ぎ
- 蓋をして蒸し焼きにする
ですが、蓋がなければアルミホイルをかぶせるなどでもOKです。
粉を溶いた水を入れるのは「羽根」を作るためなので、なければ水だけでもOK!

おわりに

いかがでしたでしょうか。大好きな相手と、時間や周りの目を気にせずにのんびりできる「おうちごはん」。

ちょっとしたポイントを押さえて、ラブラブな時間を満喫してくださいね。