はじめに

『出会いがあれば、別れもある』男女の仲とは、そういうものですね!奇麗な別れか方というのがあったら、どんなものなのか知りたいくらいです。

女性の立場から、こういう風に別れを告げてもらえたらというポイントを書いてみました。

ポイントその1 はっきり言う

これは、言われる方(女性)は、辛く悲しいです。言う方も勇気がいります。現実を目の前に突き出され、パニクるかもしれません。冷静に受け止められないのが普通の心情だと思います。

『他に好きな女性ができたので、別れてほしい。』このように、理由をはっきりと伝える事。その際、ごたごたと言い訳をしない。『君がきらいなわけではないけど』のような文句はダメです。

こういわれると、女性としては、『まだ、取り戻せるかもしれない』と望み(絶望の中からの)を抱いてしますので、勘違いさせないように注意をすること。

ポイントその2 謝る

当然です!『ごめんなさい!』と心の底から、謝ってください。色々と暴言を吐かれるかもしれませんが、覚悟してひたすら謝るのです。

『呪いの藁人形で、呪ってやる!』と言われたら、怖いですね。でも、感情的になっているのは、その時だけで、理性を取り戻して、たいがいは収まるものです。

ポイントその3 相手の幸せを考える

『君にも幸せになってほしい!』と言われると『じゃあ、別れないで!』と言いたくなります。

あまり、言葉にしない方が良いでしょうね。後で手紙、メールで書くという方法もありますが、何かわざとらしく聞こえるので、心の中で思って胸に秘めていてください。

おわりに

『あんな男なんか糞食らえよ!もっと良い男をゲットしてやる!』と奮起して、女度に磨きをかけて再出発するのです。いつまでも、別れた男の思いを引きずり、メソメソなんてありません。

女性は、恋をする度に奇麗になっていく生き物です。後悔するのは、その女性を振った男性なのではないでしょうか?