はじめに

顔の造作はそんなに悪くないのに、どことなくサエない。そんな男性は多いと思います。顔の良さは、内面からにじみ出る要素もありますが、まず外面を整えることで、自分に自信が付いて内面も変わっていくこともあります。

そんな男性を彼氏に持った女性のための見た目改造のコツを紹介します。

キーワードは女性の化粧テク

ほとんどの女性が「身だしなみ」程度にやっている化粧テクの一部を男性にも教えることで、かなり顔の見た目がよくなります。

毛穴パテ

毛穴が開いていて、なんとなく顔が黒ずんでいる男性には、洗顔に加えて、女性が化粧下地に使う毛穴パテを塗らせてみましょう。プチプラで値段は1000円程度ですし、「いい男になる魔法のクリームだよ」とでも言って、おだてて塗らせてみると、見違えるぐらい顔が明るくなります。

眉毛整え

もともと眉毛の長い体質の男性が、手入れもしないで放っておくと、「若ジジ」状態になります。美容室なら、気を利かしてケアしてくれるかもしれませんが、理容室の場合は、言わなければ何もしてくれません。

「理容室に行ったときに、眉毛を整えてもらいなよ」とアドバイスしてみましょう。きっとキリッとした顔になるでしょう。

リップとハンドクリーム

男性の色気の大きな部分を占めるのが、「キスしたくなる唇」と「清潔で器用そうな手」です。唇がガサついているようなら、男性用薬用リップを買い与えましょう。気がついたときに、塗ってあげるのもよいです。

ついでに、ハンドクリームも付けてあげると、独特の「手の色気」が出てくるので、オススメです。

おわりに

男性はありのままの自分を見せることがカッコイイと思っていることがありますが、それは男性社会の価値観であって、男女交際では通用しません。

オシャレよりもまずケアを指導しましょう。そうすれば、必ず「自分の顔を鏡で見る」という習慣がついて、自然と「ほどほど」カッコ良くなっていくでしょう。

どうぞ貴女の大切な人がステキな彼氏に変身しますように。

(Photo by http://www.ashinari.com/2008/09/15-008373.php)