はじめに

「言葉」は人間のコミュニケーションで、大きな割合を占めます。

もちろん言葉以外の部分も大きいですし、恋愛においては、人間性、容姿、癖や態度など、色々な要素が重要になります。

ただ、女性にとってイマイチと思われる態度や癖があったとしても、その正当性を言葉で補えば、逆にプラスに働く場合もあります。

このように考えると、言葉って本当に大きな武器ですよね。

以下は筆者が実際に女性を口説いていく上で、効果のあった言葉を述べていきたいと思います。

 未来(将来)を想像させる言葉を使う

未来(将来)を感じさせる言葉というと、以下のような表現があるでしょう。

  • いつか、いつの日か
  • そんな日が来ればいい、そんな時が来ればいい
  • ~のような日を想像してる、~のような日を夢見てる
  • ずっと、いつまでも
  • 変わらない、このまま、永遠に、死ぬまで

なんか、歌のタイトルにでも出てきそうな表現ばかりですね。くさい表現かもしれませんが、でも、使いようによっては、効果は絶大です。

筆者の実体験になってしまいますが、何度か誘っても、はぐらかされていた女性に、ある日、以下のような趣旨のメールを送りました。

○○さんと一緒に料理などしてのんびり過ごす、いつかそんな幸せな日が来るのを夢見ています(笑)

このメールを送った女性は、偶然にも、数日前に友人夫婦の家に遊びに行って、夫婦で料理している姿を見て、理想的だとカップルだと思ったようです。

そんな印象が強い彼女に、たまたま偶然に筆者の上記のようなメールが届いたので、「この人って何て素敵な事を言う人なんだろう」と思ってくれたようです。

それで、その女性とは交際させていただく事になりました。

もちろん「偶然」という要素は重なったにせよ、メールの内容しだいでは、交際に発展しなかったかもしれません。

それに「偶然」はある程度、作り出せると筆者は考えています。それは、「こじつけ」と呼ばれるものかもしれませんが(笑)

ちなみに引用で挙げた筆者のメールの最後の「(笑)」ですが、これは筆者流のそのメールの雰囲気を和らげる意図で使いました。

冗談まじりで言う事で、相手に重いという印象を与えないようにしました。この辺りの感覚は個人によって異なると思います。

 相手を(少し)けなしてから、褒める

「褒める」ことは良いことですし、悪口よりは絶対によいです。

ただ、褒められるだけだと、言われた方としては、どう反応していいか分からない事もあると思います。

例えば、次のような感じです。

「○○さんって本当に素敵ですよね!外見も性格も良いですよね!」
「そんな事ないですよ」
「いやいや、そんな事ありますよ!」

こんな感じの会話ってけっこう耳にする事ってあるのではないでしょうか。なんか押し問答みたいな感じにすら思います。

(少し)けなしてから、褒めるというのは、例を挙げると以下のような感じです。

「○○さんって第一印象は性格悪そうでしたけど、意外に性格も良いんですね(笑)!」
「私の第一印象って悪かったですか?」
「はい、めっちゃ悪かったです(笑) だって、いい女ほど、クールというか性格悪そうっていう印象ありません?」

最初は若干、失礼な感じで言いつつも、それをフォローする事で、自然と相手にとっての褒め言葉になる感じです。

ただ褒めるよりも、この方が、以降の会話が続きやすくなるのではないでしょうか。

また、ただ褒めるだけだと、嘘っぽいし、下心のために褒めてるんじゃないだろうか、という印象を与えてしまうことすらあるかもしれません。

一旦、ちょっと失礼な事を言うようで、褒めると真実味が増すと筆者は考えています。

あまりにも失礼な事を言うと、取り返しがつかなくなりますので、その辺りはご注意を。

おわりに

上で挙げたのは一例ですし、まだまだ効果的な表現は色々あります。時と場合、それに相手によっても効果的な表現というのは変わってくるでしょう。

筆者の表現も参考にしつつ、自分なりの効果的な言葉を研究して欲しいと思います。

効果的な言葉は言う時に気を付けることは、使い過ぎないことです。適度に使うのが良いと思います。