はじめに

しつこい元カレに冷たくするとストーカー化してしまったり、刃傷沙汰に及んだりして危険です。

元カレの心理をよく理解することが大事です。

元カレはあなたのことが忘れられないのではなく、傷ついた男のプライドを回復したいだけなのです。一種の変形された未練ですね。

そこで、元カレの「未練」を断ち切る方法を紹介しましょう。

前準備

  • メアドや電話番号は変えずに置きます。
  • 前カレとは別れたことを、きちんと周囲に話しておきます。(できれば、共通の知人・友人が良いでしょう)

やり方

三ヶ月スパンで少しずつ撤収するようにしましょう。次のステップ通りにやってみてください。

最初の三ヶ月

メールが来たら、淡々と事実だけをレスしましょう。

(元カレ)「元気でいる?」
(貴女)「うん。大丈夫だよ」
(元カレ)「ねぇ、俺たちやっぱりやり直せない?」
(貴女)「やり直すのは無理だけど、世間話なら聞くよ」

適当にメールを返していけば、「まだ完全には切れていない」というちょっとだけ期待をするでしょう。

いきなり拒否すると、元カレの傷ついた心が暴走します。まずは暴走してこないように予防線を張りましょう。

次の三ヶ月

三ヶ月ぐらいすれば徐々に冷めてくることが多いですが、まだメールや電話が来るようなら、次のステップに進みましょう。

貴女「もうそろそろ、新しい人ができてもいい頃じゃない?」
貴女「気持ち切り替えて、頑張らないとダメだよ」

徹底的に、冷静に突き放すことが大事です。

もしも、「やり直ししよう」とか、「反省したからもう1回付き合おう」とか言われても、冷静に拒否しましょう。

それでもダメなときは

冷静かつ論理的に説教をしてあげましょう。

貴女「○○クンも、もうそんなに若くないんだし、仕事だって本腰入れなきゃダメでしょ。もう終わったことにいつまでもこだわっていないで、ちゃんと足場固めしたほうが良いよ。」

こんな感じで、説教されたら、「感情的なはずのオンナにこんなに説教されるオレって・・・」と心から恥ずかしく思うはずです。

おわりに

感情に感情をぶつけるのは下策です。前カレは感情だけが暴走している状態ですから、こちらは徹底論理で切り返せば、論理の前に屈服します。

頑張ってください。

Photo by  足成