はじめに

男性にとって永遠の憧れ―それは「肉じゃが」…というと、大袈裟のようですが、肉じゃがの人気はすごい。

gooランキング「彼女に作ってもらいたい手料理」(http://cache001.ranking.goo.ne.jp/crnk/ranking/017/love_cooking_man/)でも堂々1位です。

そんな肉じゃがですが、作り方は材料を切って煮込むだけ、と至ってシンプル。そこで、今日は、男心をわしづかみにする肉じゃがを超簡単に作る方法をご紹介します。

用意するもの

  • 牛薄切り肉 300g
  • たまねぎ 1個
  • にんじん 1本
  • じゃがいも 3個
  • すき焼きのわりした(市販のもの)
  • 油 少々
  • 落とし蓋(なければクッキングペーパーかアルミホイルで代用可)

調理方法

調理方法は、以下の5ステップです。

STEP1 材料を切る!

たまねぎ、にんじん、じゃがいもの皮をむいて、一口サイズに切ります。

STEP2 材料を炒める!

鍋に油をひいて、まず肉を炒めます。

肉に火が通って、色が白っぽくなったら、たまねぎ・じゃがいも・にんじんを投入。鍋をかき回すように、ダイナミックに炒めます。

たまねぎ・じゃがいも・にんじんの表面に油がのって、全体的にツヤツヤした感じになればOK
(どうせあとで煮込むので、この段階では中まで火が通っている必要はありません。なので、炒めるのはテキトーでいいんです)

STEP3 煮込む!

材料がひたひたになる程度に鍋に水を入れて中火で煮込みます。沸騰したら、弱火にして灰汁をとる。

そのまま材料が柔らかくなるまで(じゃがいもに箸がスーっと刺さる程度まで)煮込みます。

STEP4 味付けする!

材料が柔らかくなったら、いよいよ「わりした」で味付けです。煮込み中の鍋に、わりしたをドバドバ遠慮なく入れます。

味見して、「ちょっと濃すぎるかな?」くらいで丁度いいです。そのほうが、具材にしっかり味が付いて美味いのです。

STEP5 落とし蓋をする!

味付けしたら、落とし蓋をして、さらに30分程度煮込みます。落とし蓋が無ければ、クッキングペーパーかアルミホイルを、鍋の直径より1cm程度小さい円状に切ったのを代用します。

落とし蓋をすることで、水分が蒸発しにくくなって、具材全体にしっかりと味が染みます。

じゃがいもの表面が茶色くなったら完成です!

おわりに

最後に少しだけおさらいしておくと、ポイントは2点

  • わりしたで簡単に味付けが出来る!(濃い目がお勧めです)
  • 落とし蓋があれば味がしっかり付きやすい!

です。上記の手順を守れば、誰でも簡単に美味しい肉じゃがが作れます。あなたも是非、簡単肉じゃがで男心をわしづかみにしてください。