はじめに

モテる男の条件は?と考えると、思いつく要素は沢山あると思います。

「カッコいい男」、「やさしい男」、「マメな男」、「身だしなみがきちんとしている男」etc.

もちろん、モテるためには、そういった要素がプラスに働くということは否定はしません。

ただ、それ以上にモテる男に共通するのは、雰囲気というか、オーラではないでしょうか?

「オーラ」、その漠然と語られるものの正体は、筆者は余裕だと考えています。

それでは以下に「余裕を身につけるために、やるべきこと」をご紹介いたします。

モテたい人向けの記事ではこちらの記事も人気です!
「DECOPIC」の中の人に聞く、最強にかわいい自撮りテクニック

自分は「女性慣れ」していると思い込む

実際に女性慣れしているのに越したことはありませんが、思い込みでも構いません。

女性と話す時、または二人きりになった時などに、焦ったり、「何を話そうかわからないよ」と思ったりしては、モテる男とは言えません。

そういう時は大抵、心拍数が上がっていると思いますので、自分は「女性慣れ」してる大丈夫だ、と言い聞かせるといいでしょう。

根拠の無い自信でも構いません(それが難しいことなのかもしれませんが)。

「女性は世界中に沢山いる」と常に考える

よく男性は女性を好きになると、「俺にはこの女性しかいない」とか、「あの人は最高の女性だ」と考えがちです。

もちろん、一途な事は良い事だと思いますし、交際を始めたり結婚すれば、相手を最高だと想う事は大事なことです。

ただ、付き合う前とか口説いてる段階で、このような思考法は、余裕を無くさせてしまいます。

すごく好きな女性ができても、「女性は世界中に沢山いる」という事実を頭の片隅に置いておくのがよいと思います。

女性に嫌われても平気だと思う

女性にモテようとするあまり、女性に嫌われないような事を言おうと考え過ぎたり、女性に好かれそうな趣味や服装にしたりする男性もいると思います。

それは悪い事ではないかもしれませんが、それだと窮屈だし、疲れてしまうのではないでしょうか。少なくとも筆者は疲れます。

また、それだと女性の想像の範囲内に留まる事になり、つまらない、退屈な男性に思われてしまうのではないでしょうか。

余裕がある男性は、何か発言する際など、いちいち「女性に嫌われたらどうしよう」などとは考えません。

もちろん、その場のTPOはわきまえますが、基本的には女性にどう思われようが自分の思った事を言って、自分のしたい事をするのが良いと思います。

自分の評価の基準を、「女性にどう見られているか」ではなく、「自分がどう感じるか」にする

よく、「女性にどう思われるか」、「女性から良い評価をされているか」ということにこだわる男性がいます。

もちろん良い評価をされた方が良いに決まってますし、筆者だって悪い評価よりは良い評価の方が嬉しくはあります。

ただ、他人からどう評価されているか、という事を考えてばかりでは、余裕など無くなるでしょう。

仕事では、確かに他人(顧客)からの評価は絶対です。それで、報酬をいただく訳ですから。

ただ、仕事と同じように、人生でも他人(女性)の評価を気にしていては余裕のある男にはなれませんし、退屈な人生となってしまいます。

その退屈さ故に、さらに女性を遠ざけてしまう、という負のスパイラルになりかねません。

自分を評価できるのは自分自身、と考えると、対女性だけではなく、人生の色々な事に対して、肩の力を抜いて取り組めるのではないでしょうか。

複数人の女性にアプローチする

ターゲットの女性が一人しかいないと、その女性にもしフラれたら後がなくなると思うことになり、余裕はなくなります。

あまり良い言い方ではないかもしれませんが、他にも候補の女性がいれば、もしフラれても、次にいけるという余裕が生まれます。

付き合ってからは一途でいいと思いますが、それまでは、良いと思った女性には、気軽にアプローチするのが良いと思います。

女性よりも大切なものを見つける

仕事や、自分の趣味でも何でも構いません。やはり何かに打ち込んでいる男性は素晴らしいと思いますし、そういう男性は女性に対して余裕があると思います。

ほとんどの人は何か好きな趣味などがあるとは思いますが、「好き」程度ではダメだと思います。

理想は、文字通り全身全霊を捧げて没頭できる何かが良いでしょう。

例え、ずっと長年、憧れていた女性にホテルに誘われても、断れるくらい没頭できる何かがあれば最高です(筆者は断れないかもしれません(笑))。

憧れの女性の誘惑を断ることほど難しいことは、男性にとってはおそらくこの世に無いでしょう。

ただ、そんな欲望に打ち勝てるくらい没頭できる何かがあれば、女性に対して自ずと余裕もできますし、そんな男性ならモテますよね。

1日1回恥ずかしいことをする

ちょっと語弊のある表現かもしれませんが、筆者は何か進歩する時には、恥ずかしい思いをすることが多々あると考えています。

例えば、人前でスピーチやプレゼンテーションをする時があるとします。

初めての場合は、ものすごく緊張するし、恥ずかしい思いもするでしょう。ただ、それを何回かしていくと、上達するでしょうし、一時は恥ずかしい思いをしても、後々プラスになりますよね。

英会話などでも同じだと思いますが、初めて人前で、英語を話す時は恥ずかしいです。

でもいつまでも恥ずかしがって英語を話そうとしなければ、永遠に英語を話せるようにはならないですよね。

やはり何か新しい事をしたり、チャレンジする時は恥ずかしい思いが伴います。

そんな恥ずかしさを何度も何度も乗り越えている男性なら、自然と余裕ができると思いますし、人間としての奥深さも増してくるのではないでしょうか。

そんな人間としての奥深さ、人間力こそが、本当のモテる男の秘訣なのかもしれません。

おわりに

筆者はモテる男ではありませんから、本当は「モテる男はこうだ」などと図々しく言える人間ではないかもしれません。

ただ、筆者はずっとモテようと、もがき苦しんで生きてきました。その末にモテる男には特有の「余裕」があるのではないだろうか、という考えに至りました。

あくまで一個人の意見かもしれませんが、女性について悩んでいる男性にとって、少しでも参考になるところがあれば幸いです。