はじめに

スポーツマンって、どんな時代もかっこいいですよね! 私もスポーツマン大好きです。実際に夫はラガーマン。そんな夫を振り向かせた方法を、恥ずかしながらご紹介します!

スポーツマンの彼に好きになってもらう方法

1.彼が好きなスポーツのルールを知る

好きな人が好きなことに興味を持ってみるというのは案外面倒くさいものではありません。ちょっと難しいかもしれませんが、ルールブックなどを買ってみましょう。

全部マスターする必要はありません。ちょっと勉強していることが伝わるだけでも好感を持ってもらえるでしょう。

2.練習や試合などに参加することに反対しない

学生でも社会人でも、強いチームは平日土日関係なく練習をしますよね。自分と会う時間などあまりないと思っていた方がよいです。

実際に仲良くなった後も「私と野球とどっちが大切なの?」というような質問は絶対に禁句ですね。

3.自分もスポーツをやってみる

基本的にスポーツではなくてもよいと思いますが、同じ汗するスポーツの方が実体験に基づいた感情を共有しやすいので、何かしらスポーツの経験を自分も持っていた方が話が合いやすいです。

共有しやすい感情
  • レギュラーに選ばれなかった悔しさ
  • 勝った時のうれしさ
  • 負けた時の悲しさ
  • 怪我をしたときのつらさ

4.彼が好きなスポーツやチームのマネージャーになる

彼がやっているスポーツをよく知る、また、一緒にいることができる、という上記の1.2のポイントをおさせることができるので、悪くはない方法です。

好きになった人がいるチームのマネージャーになる、というのは、若干動機が不純なので、本当はおすすめしないのですが、あくまで彼を応援するというよりも、そのスポーツをよく知りたい、そして、彼の仲間も合わせて応援することができる、というように、スポーツ自体に興味がでてきた人にはオススメの方法です。

5.依存しない

これは何もスポーツマン相手に限った話ではありませんが、特に、スポーツを頑張る人というのは、単純な反面、基本的に信念を持っている人が多く、自分がよいプレーヤーになるためには練習第一で恋愛などのことを考えている暇はない、という人もいると思います。

「そういう人でもいい」「彼がスポーツをやっている時間、自分は●●をやろう」、と自立した考えを持てる人が、最終的には彼のハートをつかんでいる気がします。

おわりに

スポーツマンだから、こう、というのはないと思いますが、基本的にスポーツをしている人は輝いている人が多いですよね。

自分もそんな相手に振り向いてもらえるように、スポーツでも、スポーツ以外でも、何かひとつ輝けるものを持っているとよいですね!