はじめに

『浮気は男の甲斐性』とは、何と都合の良い言葉でしょうか。甲斐性のある男は、浮気はしませんよ。浮気性男に限って、自分の恋人(あるいは奥さん)が、浮気すると『許せない!』と怒るんです。自分の事を棚に上げて身勝手も甚だしいと思いませんか?

そういう男を上手く戒めながら、浮気をさせないようにする方法をご紹介します。

ポイントその1:誓約書を書かせる!

今までしてきた事の詫びと二度としないという約束をさせるのです。口頭だけではダメです。もし、破った場合は、罰金として、小遣いの減額、違約金○○円というように、具体的に表示しましょう。

ポイントその2:家に早く帰宅させるようにする!

そもそも、原因の1つが、家庭が面白くない、自分の居場所がないというケースが多々見受けられます。という事は、『早く、帰ろう!』という気にさせればいいのです。

具体的には、部屋の雰囲気を変えてみるのが良いでしょうね。花を飾る、香り(アロマ)、照明の演出とか。後は、夕食にご主人の好物を用意して、出勤前に、『今日の夕飯は、あなたの好きな○○よ。』と一言添えるだけでも違ってくると思います。

ポイントその3:あなた自身が変わる!

もしかしたら、子育て、家事と忙しく、髪を振り乱していたのでは?『自分にかまう時間もお金もないわよ!』と言うかもしれませんが、ちょっとした事でもっと気持ちに余裕のある生活ができますよ。

最低限、髪はきちっととかして、服装もこぎれいにして、それに+ワンポイントしましょう。それは、『言葉』です。優しい言葉を一言だけで良いんです。

朝は、『いってらっしゃい!』帰宅したら、『お帰りなさい!疲れたでしょう。』給料日には、『ありがとう!』これだけで充分です。『いつも言ってるわよ。』でも、ちゃんと心を込めて言ってますか?ユーミンの歌声のように(独特な歌い方が良いのですが)感情のない言葉になっていませんか?

ああだこうだと沢山言葉を並べて言うよりも、感情のこもった一言の方が、相手に伝わるものです。

おわりに

妙に優しすぎても、返って逆効果になりかねませんので、注意が必要です。要は、『あめと鞭』の上手な使い方が効果的だと言う事です。