はじめに

婚活ブームもよろしく前のめり恋愛推奨の今日、狩女(カリージョ)なんて言葉が出てくるくらい女性の肉食化が進んでいます。

しかし、男たるもの負けていられません。狩猟本能全開で狩りに出ましょう。そしてゲットするならやっぱりモテ子がいい・・・!!

そこで今回はモテ子に対してやってはいけない意外な3つの行動についてお話します。

ポイント

その1 馴染みの店で店員に彼女を紹介

行きなれたお店でテーブルに店長が挨拶にやって来る・・・
他愛のない会話をし、彼女を店長に紹介・・・

一見スマートに見えます。
喜ぶ女子もいるでしょう(あなたにとても好意があれば)。
しかしモテ子はこう思っています。

''なんで恋人でもないのに私を紹介してるの?
私を見せびらかしたいの?何様?''

その2 お金持ってますアピール

お会計の際、自慢のクレジットカードや、お財布から諭吉をわざとのぞかせる殿方がいます。

モテ子はそれなりの殿方と出会ってきており目が肥えています。

  • 会計は女性の目につかないようにする
  • お箸、スプーン、フォークを綺麗に使う
  • 持ち物を丁寧に扱う
  • 女性と歩くペースを上手に合わせる

・・・などの基本的なエスコートでお金持ち度、ひいては男性の育ちの良さや交友関係、モテ度までわかります。いやらしい小細工は不要です。

その3 二軒目に行こうと甘える・強引に誘う

「もう一件いかない?」
「いや明日早いから」

駅前で目にする男女の攻防戦。醜いです。しかしこれでは楽しく食事デートが終わっても台無しです。

せっかくのモテ子とのデート、延長戦に持ち込みたい気持ちはわかります。しかしながら、モテ子はすがられ・誘われ慣れているので、熱心なアプローチは誠実さや熱意が伝わるどころか鬱陶しいだけです。引くときは引く。引かれることが、モテ子には新鮮です。

おわりに

モテ子相手だからといって萎縮することはありません。

特別なことをしようとかっこつけず、最低限のエスコート+α(自分らしさ)で十分なのです!!