はじめに

「いい恋人」とは何でしょうか?理想の人?

では、それにぴったり当てはまる人を選べば、その人物はあなたの「いい恋人」になるのでしょうか?逆に、当てはまらなければ「いい恋人」にはなり得ませんか?いい恋人の選び方とはいったい何なのか?考えれば考えるほど、わからなくなってきますね。

では、一緒にその方法を探していきましょう。最後までお付き合い頂き、少しでも参考になれば幸いです。

「◯◯の迷宮にはまらない」3つのポイント

その1:「コトバ」の迷宮

「友達」や「恋人」など、コトバにこだわりすぎてはいませんか?それは他人が作った、ただのコトバです。それに縛られる必要も、それにこだわる理由もあなたにはないはずです。誰を「友達」にし、誰を「恋人」として選ぶのか。ただのコトバに振り回されてはいけません。もう一度言いますが、それはただの「コトバ」です。

それに縛られ、コトバの迷宮にはまれば、そこに答えがみつかるはずもありませんね。

その2:「時間」の迷宮

「~ヵ月記念日」などという言葉をよく耳にしますね。それを喜び、楽しんで祝うのはとても良いことです。しかし、長く続くから良くて、短いから悪いというわけではありません。なので、長く続きそうな人を探す、または長く続いているからこの人が「いい」わけでもないです。

恋人の善し悪しを、「時間」を軸に区別することはできません。それができるのは「過去」になってからです。「現在」で「未来」を考えたり悩んだりしても、それは答えがでるはずのないことです。

時間に囚われるのはやめましょう。

その3:「他人(ひと)」の迷宮

他人との違いや他人の目など、どうしても気にしてしまいますよね。でも、それもおかしな話です。なぜ自分の恋愛に、「他人」が入ってくるのでしょうか?それは評価されたり、批判されたりするものではないはずです。

相談をしたり、人の体験を参考にするなというわけではありませんが、やはりそれは「他人の思考」です。自分自身に相談し、自分の心の声を素直に聞くことが1番大切なのです。その声を聞くことこそが、あなたの道を見つける近道になるはずです。

「他人の目」や「他人の声」を気にして彷徨うも、まっすぐ突き進むもあなた次第です。

おわりに

3つの「迷宮」をご紹介してきました。思い当たる節はありませんでしたか?

「いい恋人の選び方がわからない」と悩むあなたは、これらの迷宮にはまってしまってはいませんか?考えれば考えるほどわからなくなるのは、何かに囚われ過ぎているからではありませんか?

必要なのは、迷宮から抜け出す一歩の勇気です。その勇気さえもつことができれば、あなたの道も見えてくるはずです。

(photo by http://www.ashinari.com/2011/04/13-346817.php)