はじめに

気になる異性をデートに誘うのは勇気がいるもの。でも相手からの誘いを待っていてはいつになってもデートはできません。

デートに誘うケータイメールの書き方

相手の得意分野で頼みごとをする

例えばもし相手がお洒落好きだったら、具体的に

「○○を買いたいのだけど付き合ってくれない?」

と頼んでみましょう。都合さえあえば相手が付き合ってくれる可能性は大きいです。


最初のデートを次のデートにつなげる

もし初めてのデートができたら、それをきっかけに次のデートに誘いましょう。

「この前のお礼にランチでもおごらせてくれない?」

ランチという気軽な雰囲気も手伝ってOKしてくれる可能性が高いです。それに、ランチの場合お昼には会えるので、そのあと映画やカラオケ、買い物などに誘うことができ、相手と長時間一緒に過ごすことができます。

ランチのあと、スムーズに相手を遊びに誘えるようにランチを食べる近辺の情報を集めておきましょう。

また、この時一緒に遊んで盛り上がれれば、気軽にまた誘うことができます。事前にさりげなく相手が好きな遊びの情報などを聞き出しておくことも大切です。

おわりに

デートをしている間は相手に楽しんでもらうことを心がけ、相手に好意をもっていることを小出しにしていきましょう。

もし相手も自分に好意をもってくれていると感じたら、迷わずストレートに告白しましょう。たとえ不器用でも、率直な告白に気を悪くするひとはいません。

どうかあなたの恋がうまくいきますように。

(Photo by 足成