はじめに

「恋愛と結婚は違う」と昔から言うように恋愛のときはよくても、結婚するときに両親に反対されて破局したという人も少なくありません。結婚するには両親に賛成され、祝福されて結婚したいですよね。そのため、両親に反対されない恋人を選ぶ必要があります。

以下にそんな恋人の選び方を紹介します。

両親に反対されない恋人を選ぶ3つのコツ

1:家族を大事にしている人を選ぶ

自分自身の家族を大事にしている人は、相手の両親も大事にします。親の誕生日にはプレゼントを贈っていたり、家族との話を幸せそうに話すような家族想いの人は、相手の両親にも同じように優しく接してくれるはずです。

自分の家族を大事に出来ない人は、相手の家族も大事にすることはできません。

2:仕事をすぐ辞めない人を選ぶ

今の時代学歴があっても就職できない人が多いです。しかし、恋人にするのであれば仕事をきちんとしていて、コロコロと仕事を変えない人を選ぶべきです。結婚には必ず経済力がつきものです。

1番の離婚の原因は、「お金」というデータも出ているくらい、生きていく中でお金は大事です。仕事をしていることはもちろん、仕事をすぐ辞めたり、転職ばかりしている人では、責任感がありません。

いくら好きになった相手でも相手の経済力は必ず後から問題になってきますので、あらかじめ見極める必要があります。

3:言葉遣いがちゃんとしている人を選ぶ

両親に恋人を紹介するとき、見た目も大事ですが、言葉遣いはもっと大事だと思います。きちんと両親の前で挨拶をすることが出来ることはあたりまえのことですが、意外と出来ない人も多いです。まず、一緒に食事に行った際などに店員に対する態度を参考にしてみてください。

店員に上からものを言ったり、きつい言い方をするような人は、両親にきちんと挨拶できるとは思えません。

誰に対しても、思いやりを持って話をすることができる人は、両親からも気に入られること間違いなしです。

おわりに

両親は、子供の選んだ相手を反対したくはありません。しかし、あまりにも態度や言動が非常識な場合、両親を悲しませてしまいます。少なくとも、交際する際には、紹介した事柄を見極めて、相手を選んで下さい。

(Photo by http://www.ashinari.com/2007/12/12-003777.php)