はじめに

会社の同僚や知り合いの女性と並んで歩くときに、さりげなく実践できて、確実に好感を持たれて、モテるようになる方法を紹介します。

特に好きではない女性に対しても実践するようにすると、次第にモテるようになります。

ポイントは「守ってあげること」

女性は実際に危険に逢っていなくても、男性から守られていると感じたときに、快感を得るものです。

道路を歩くときのさまざまな障害物や危険に対して、速やかに対処しましょう。

必ず男性が車道側を歩くこと

車が突然突っ込んでくるかもしれません。自分が犠牲になって女性を守るという姿勢を示しましょう。

対向から歩道を走ってくる自転車は遮ること

とりあえず腕を女性の前に出して、自転車を遮るようにしましょう。

もし本当に危険な突進自転車が来たら、彼女の手を引っ張って避けて安全を確保しましょう。

人混みの中を歩くときには手を引きましょう

女性は人混みの中に紛れると、非常に恐怖を感じるものです。はぐれないように軽く腕をつかんで、誘導してあげましょう。

歩くスピードを調整すること

女性の歩くスピードに合わせること

女性は男性に比べて歩きにくい靴を履いていることが多いもの。自分のペースで歩かず、女性の歩くペースに合わせてあげましょう。

信号青点滅のときには無理に走らないこと

歩行者信号青点滅は、基本的に横断禁止です。よほど急いでいるときでもない限り、無理に走って渡ろうとしないようにしましょう。

おわりに

女性は、一緒に歩く男性が、どんなに見た目がイケてなくても、太っていても、心底嫌われている場合を除いては、守ってもらえて大切にされたことを快く感じます。

ファッションや見た目や言葉使いも大事にすべきですが、まずモテの第一歩として、女性を守る習慣をつけるだけで、モテ度がグンと上がります。

どうぞお試しください。