はじめに

はじめはドキドキの同棲生活ですが、慣れてくるとだんだんと色々なことがルーズに……。

男性は普段どおりに生活しているだけのつもりなのに、女性は不満を溜めていて、急に「もう別れる!」なんてことにならないために、同棲生活を送る上で女性が不満に思いがちなことをご紹介します。

同棲生活で女性が不満に思うこと3つ

決められた家事当番を守らない

特にお金を折半して生活をしている場合に多いのがこの不満です。

始めの内は決めたとおりに家事当番をしていたのに、だんだんと「ついでにゴミ出してきて」「今日は疲れてるから」などと当番をサボりがちに……。

女性は「私ばっかり同棲生活を維持するための努力をしている」と不満に感じてしまいます。多少面倒でも、そこは協力し合っていきましょう。

金銭面でルーズなのはダメ

ちょっとふたりでコンビニにという時、自分の分の雑誌・お菓子など相手に「ついでに払っておいて」など言っていませんか?

確かに1回ずつは小額かもしれませんが、それが重なると「金銭面にすごくルーズな人!」という印象を与えてしまいます。

休日も家でだらだら

別々に住んでいた間は、休日の度に計画を立て、2人でデートをしていたのに、同棲してからは休日も家でダラダラ。外出はコンビニにお菓子を買いに行くくらい。こういう生活は女性は不満に思いがちです。

男性からすると、「2人でいられるだけで満足」という感じかもしれませんが、女性からすると「手を抜いている」「デートするのも面倒なの?」と思ってしまうのです。

たまには2人で計画をたてて、どこかへ出かけてみましょう。同じように、女性が「~に行こうよ」と誘ってきた場合も「面倒だから」と断ったりしてはいけません。

金銭面での負担が大きいならば、近くの公園でお弁当を食べたりするだけでも気分が変わります。

おわりに

せっかく始めた同棲生活がいつまでも楽しく続くように、2人ともが少しずつ協力し合って、居心地のよい空間をつくっていきましょうね。