はじめに

彼氏の母親に会うときはみな緊張するものです。何を着て行ったらいいだろう、何を話したらいいだろう。行く前は、気分が沈んでしまう人も多いかもしれませんが、ちょっとした点で、楽しく時間を過ごすことができます。

今日は、そんなときに心がけることを紹介します。

お母さんを中心に話そう

聞き役に徹しよう

共通の話題があったら一番いいですが、同じ話題もそう長くは続かないものです。そんなときはお母さんにまかせて、会話を展開させ、あなたは聞き役に徹しましょう。

たくさん話すと、明るくていい娘という一方、彼が尻に敷かれているかも・・・という印象を与えることがあります。

彼の子どものときのことを聞こう

会話に詰まったら、お母さんに彼の子どものときのことを聞きましょう。きっとたくさん話してくれるはず。もし、アルバムがあったら見せてもらうと、時間が流れるのも早いです。

たまにちょっとした質問をすると、お母さんも喜びます。息子の話を嫌な顔をして話す人はほとんどいませんので。

おしゃれは控えめに

まず心がけることは清潔感。夏ならワンピースなどがいいです。気をつけることは、裸足にサンダルではいかないこと。必ずナチュラルストッキングを履いていくようにしましょう。

彼の呼び方にも気をつけよう

いつものニックネームではなく、○○くん、○○さんなどと呼ぶようにしましょう。お母さんを呼ぶときも、○○くんのお母さん(お母様)などと呼ぶように心がけたほうがいいです。

おわりに

基本はちょっと控えめに、そして、彼を立てること。これだけで、印象はかなりよくなります。

単純かもしれませんが、終始笑顔で対応しましょう。