はじめに

2010年夏をもって卒業する小野恵令奈さんことえれぴょん。今回は彼女の思わず守ってあげたくなる小悪魔的な可愛さの秘密についてご紹介します。

無邪気さとのギャップ

小野さんの魅力といえばその親しみ安い無邪気さと無防備な色気。2010年公開した映画「さんかく」においても姉の彼氏を翻弄する小悪魔的な妹を演じています。

女性的な部分と子供っぽい部分を同時に兼ね備えるギャップ。少女ならではの魅力に男性だけでなく女性も思わずキュンとしてしまいますね。

仕事に対する熱意

仕事に対する真摯な姿勢は有名であり、ワニブックスから出版されたAKB48ファンブック「48現象」でのインタビューで「あなたのお父さん以上の年齢の人が『えれぴょぉぉ〜ん』とか来るわけでしょう? ぶっちゃけキモくない?」とインタビュアーが質問。
すると、小野は激怒し、学校の友人にも同じようなことを言われると告げ、「自分を応援してくれてる人をそんなふうに言われるのって、ほんとガマンできないんですよ」と訴えた。
当時13歳ながら「ファンの人がいなかったら今絶対ここにいない」「お客さんの応援があるとツラくても笑顔になれるし、ヤル気が出てくるんです」とファンへの気持ちを述べた。

幼いころから仕事に真摯に取り組む姿、これも彼女の魅力のひとつです。がんばる彼女を「支えてあげたい」と思う方も多いのでは?

おわりに

魅力いっぱいの小野恵令奈さん。AKB48を卒業後は留学されるそうですが、女優業も学び将来的には芸能活動も再開されるそうです。これからもキラキラパワー全開でがんばって欲しいですね。