第一印象で好かれるとっておきの方法とは?

アメリカのある大学教授が、
「女性は男性に何を求めているか」を調査したところ、次のような結果が出たという。

  • 親切な配慮ができる
  • 社会的な活動性がある
  • 芸術的な知性がある
  • 道徳的に優れていること
  • 家庭的なこと

初めてあなたと会った女性が、これらのひとつでも第一印象の中に入っていれば、やがて好意へと発展していく可能性が極めて高くなる。

女性に好意的な第一印象を抱かせるための、とっておきの方法とは何か?

それは・・・
彼女をありのまま受け入れる

ここでいう受け入れるとは、具体的には次のようなことだと思ってもらいたい。

  • 相手の話を最後まで聞く
  • 相手の意見を批評しない
  • 気のないあいづちや、聞いているふりをしない
  • 彼女という人間に興味をもち、尊敬してみる

要は、彼女をまるごと認めることだ。
自分がまだ彼女に認められなくても、まず男性のあなたが彼女を認めることが大事。

  • 「僕はあなたの話を聞いているよ」
  • 「僕はあなたの存在を気にかけているよ」
  • 「あなたのことをもっと知りたい」

あなたが彼女を受け入れることで、彼女にはこのような“あなたの気持ち”が自然と伝わり、彼女も同じように、あなたの声を受け入れる準備を始める。

この気持ちがそのまま、第一印象として彼女の脳に記憶され、あなたに対して好意的シフトがどんどん形成されていく。

何を話すかより、どう話すかが重要

さて、彼女があなたの話を聞く体制ができたら、次はあなたが話をする番。

かっこつけようとして、ちょっと難しいうんちく話や面白い内容の話をしがちだが、初対面の女性はむしろそういう話は聞きたくないものだ。

彼女の第一印象にインプットされる要素は、話の内容よりも、

  • 声のトーン
  • アクセント
  • 話の速さ
  • 表現の仕方
  • ジェスチャー
  • 距離感

など、あなたがどう話すかということが、より印象に残っている。
話し方に付随して、時と場合に合う声の出し方で伝えるとき、より好印象として、彼女の心に届くのだ。

たとえば、自分が好意をもっていることを彼女に伝えたいとき、呼吸が浅かったり、声が低すぎたり、目がキョロキョロしていては、不信感を抱かせてしまうことにもなりかねない。

話し方のポイントは、

  • 伝えたいことを一点にしぼる
  • 相手をよく見て話す
  • 聞きやすい声で話す

これらのポイントは、恋愛に限らずビジネスでも共通することだと思う。
ある営業マンの話では、相手に聞かせようと声をはりあげるより、少し声を抑えるぐらいのほうが、相手は聞き耳をたてて話に集中してくれるそうだ。

まとめ

まず彼女をありのまま受け入れ、彼女が満足するまでじっくり話を聞いてから、伝えたいことを一点にしぼって、彼女をよく見て聞きやすい声で話す。

女性は、やさしさ、安心感、包容力といった心の満足を求めていることをお忘れなく!

関連ライフレシピ