はじめに

女性の品をどこで感じるかという質問に、言葉遣いをあげる男性は多いそうです。彼女が使った悪い言葉に幻滅した、なんて話も聞かれます。

でも、きれいな言葉遣いなんて一朝一夕には難しいし、そもそもそんな言葉でしゃべっている自分なんて、想像出来ない……という方もいるのではないでしょうか。それならまずは、きれいな言葉を遣うことより、印象が悪い言葉遣いを減らしてみるところからはじめてみませんか。

こんな言葉遣いしてませんか?

1:「あんた」「てめー」「おめー」

親しみをこめて呼んだつもりなのに、言葉遣い悪いな、と思われてしまう呼び名です。「てめー」と呼ぶことはあまり無くても、油断してると「あんたはねー」とぽろっと出てしまったりするので、要注意。男性は呼ばれ方に敏感です。

呼ぶ時には名前で。その方が親近感も増します。

2:「やばい」「やべー」「やっべ」

これも、普段使っていると口からつい出てしまう言葉です。言葉遣いが悪いと思われるだけでなく、語彙が少ないと思われてしまう可能性もあるので、言わないように気をつけましょう。

言い換える時には、やばいくらいどうなのか、を考えてみましょう。やばいくらいに面白いなら、「面白い」。やばいくらいに美味しいなら、「美味しい」と言い表しましょう。

3:「マジ」

「マジびっくりしたー」「マジ?」「マジボケ」なんて言ってしまったりしてませんか? 

これは、「マジ」の部分を取ってしまうか、「ほんと」に言い換えてみましょう。

4:「じゃね?」

ちょっと照れが入っているときに、使ってしまいがちな言葉です。軽い気持ちで聞いているんだよ、というニュアンスをつけ加えたつもりが、相手の男性に眉をひそめられてしまう結果に、なんてことも。

普通に「じゃない?」「じゃないかな?」と言った方が好印象です。

5:「うざい」「うぜー」

彼女がこう言うのを聞いた男性のがっかり感は相当なものがあるようです。言葉遣いの悪さと共に、性格の悪さまでが疑われてしまったりしかねませんので、特に注意が必要です。

やだな…」「困るんだよね」等、言い換える方法もありますが、はっきり言わずに苦笑してみたり、小さくため息をついてみせたり、と仕草で表してみるとワンランク上の大人の対応になるでしょう。

6:「うめー!」「うまい」

食に関しては他にも、「メシ」「食う」などが悪い言葉遣いだと思われるようです。

おいしい」「この味、好き」等と言い換える他、「柔らかーい」「いい匂い」のように具体的に言うのも良いでしょう。

7: 「ヤツ」

「そこにあるヤツ取って」「こっちのヤツはどう?」と、何気なく使ってしまいますが、この「ヤツ」は乱暴に聞こえてしまうことがあります。

物の場合、「ヤツ」は「」と言い換えられます。言い換えることによって「の」が2つになる場合は1つにしましょう。「そこにあるの取って」「こっちのはどう?」など。具体的に、「そこにあるペン取って」のように物品名を入れると、もっと分かりやすくなります。

8:「ちげーよ」

思わぬ時に褒められて、照れを隠すために「ちげーよ」。あるいは逆に、ちょっと面白くないことを言われてむっとしながら「ちげーよ」。流行言葉なのでつい使いたくなりますが、男性相手の時にはやめておいた方が無難です。

違うよ」「そんなんじゃないよ」ぐらいにとどめておきましょう。

9:「すげー」「超」「鬼」

強調の言葉は、自分の感動を伝えたいと考えれば考えるほど、荒かったり、大雑把だったり、というものになってしまいがちです。

言い換えるなら、「とても」「とっても」になるのでしょうけれど、それが言い辛い場合は「ほんと」でも代用可能です。それでは自分が受けた衝撃や感動が伝わらないような気がするという場合は、身振り手振りをつけたり、表情で補ってみましょう。

10:「しろ」「しろよー」

乱暴に聞こえてしまう、というだけでなく、男性は命令されることを嫌う為、この言葉に過反応してしまう傾向もあるようです。

してね」「してよー」と言い換えれば大丈夫ですが、「して欲しいな」「してくれる?」と、もう少し柔らかくお願いしてみると、男性からの好感度はぐっとアップします。

おわりに

ここまであげてきた言葉も、基本きちんとしゃべっている中に、上手にワンポイントに取り入れられれば可愛くも演出できます。でも、上手に出来る自信がなければ、男性相手の使用は避けておきましょう。

相手におもねる必要はありませんが、ちょっとした言葉遣いで、与える印象はぐっと変わるもの。言葉遣いで損をしないように、少しずつ心がけてみませんか?

あなたの良さが、言葉遣いの悪さに邪魔されることなく、相手の方に届き来ますように。

(Photo by 足成)