はじめに

デートの時に彼女が浴衣姿!いつもより女性らしくてドキッとしますね。浴衣デートが楽しめる3つのコツをご紹介します。

ポイント

ポイントは3つあります。以下にご紹介します。

その1 彼女は思いのほか窮屈な思いをしています

日頃、洋服を着ている私たちにとって、浴衣は窮屈に感じます。帯は巻いているし、裾さばきが思うようにいかなかったり。更に履物は下駄です。

何かをまたいだり、早足で歩くこともしにくくなります。いろんな動作ができづらいことを気遣ってあげてくださいね。

その2 バンドエイドは必需品

浴衣デートでバンドエイドは必需品です。男性がバンドエイド、と思うかもしれませんが持っていれば好感度アップです。意外と彼女も忘れてしまいがちなアイテムです。

使い道は…

  • 下駄の鼻緒の部分が痛くなるので擦り切れ防止
  • 浴衣の裾で足のすねの部分が擦れるので保護する

バンドエイドを貼ると痛みが和らぎます。効果絶大です。

その3 手をつなごう

彼女と手をつなげるチャンスです!下駄だと歩きづらいですし、思いのほか足元が不安定です。彼氏の手の支えがあると歩きやすくなります。つまずきそうになった時もフォローできます。浴衣の時はきっといつもより頼られている感じがしますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。夏に女性の浴衣姿は涼しげでいいですね。

浴衣を着るのもそれほど難しくないので、彼女にはどんどん浴衣を着てもらいましょう。二人の距離も近付くこと、うけあいです。