はじめに

夏真っ盛り。お盆のこの時期、いろいろなところで、花火大会が行われ、女子の皆さんは、浴衣デートの機会もあるのでは?

普段は、着慣れていない浴衣で、持ち物も何を持っていったらいいのか、悩む人も多いと思います。(巾着も小さいので、持ち物が制限されますし…)今日は、そんな皆さんにアドバイスを。

荷物は少なくまとめるべし!

上でも書きましたが、巾着の大きさから、持って行くものが限られます。ですから、「できるだけ少なめに」、が基本で。

巾着の中

普段から持っているものは、財布・携帯・ティッシュ・最低限の化粧品(ファンデーションと口紅)・油とり紙など。

携帯は首から提げる人も多いですが、今回は女らしくがテーマで。それから、浴衣デート用の特別なもので。

  • バンドエイド(慣れない下駄で靴擦れをおこすこともあるので)
  • ウエットティッシュ(外なので、あると重宝します)
  • スーパー袋(ゴミの持ち帰りなど、そんなに荷物にもならないので)
  • ヘアピン(ヘアスタイルがくずれたときのお助けアイテムで)

巾着外

次に、巾着外で。

  • ハンカチ(巾着に入れてもいいですし、袂に入れてもいいです)
  • 団扇・扇子(袂に入れてもいいですし、帯のところにしまっててもかまいません)

おわりに

浴衣デートの時は、立ち振る舞いも女らしくしてくださいね。内股で、歩幅を狭くして、ちょこちょこと歩き、駅の階段は、ちょっと体を斜めにして、すそを少し持ち上げると、上り下りがしやすいです。

では、これらを参考に、浴衣デートを楽しんでくださいね!

(photo by http://www.ashinari.com/2008/08/07-006172.php)