はじめに

秋元康氏による、アイドルプロジェクト「AKB48」。彼女たちをテレビで見ない日はない、というくらい話題のアイドルですが、同性としても学べることは多いのではないのでしょうか。

AKB48がなぜこんなにも興味を引くのか、いくつかのポイントでご紹介します。

「親しみやすさ」

秋葉原に専用劇場を持ち、「会いに行けるアイドル」というコンセプトでAKB48は毎日ステージを行っています。アイドルといえば「雲の上の存在」でありめったに触れ合ったりできないもの、というイメージを覆し、「身近で」「すぐ会える」アイドルとして多くの男性の心を掴んでいます。

ここから学べるポイントは「親しみやすさ」。

全身オシャレでキレイな女性より、ちょっと抜けていたり、可愛くはないのに人気のある女性、というのに心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

あまりに完璧すぎると、接する側も緊張してしまうもの。少しスキを作ったり、なんでもパーフェクトにこなそうとせず、自然な自分で周りと接してみましょう。

「ひたむきさ」

AKB48の上位メンバーを決める「総選挙」というイベントが話題になっています。この選挙で上位になれば新しいシングルを歌うメンバーに入れる、とあって、メンバーやファンたちの攻防が注目を集めましたが、ここから学べるポイントもあります。

それは「ひたむきさ」。

彼女たちが「新しいシングルで歌いたい!」「より上位に行きたい!」という熱意や努力、また、総選挙の結果で感激して声を震わせたり、悔しさに涙を流すという全身で何かに打ち込んでいる姿が、多くの男性の心を惹きつけるのかもしれません。

何かを大好きになり、そこにひたむきに向かう姿は、異性・同性問わず美しく、興味を惹かれるもの。毎日をなんとなく過ごすよりは、何か目標や好きなことを持ち、それに向かって努力し続けることで、あなた自身の個性や輝きが増すはずです。

他人の目で磨かれる

また、秋元康氏らしい手法ですが、AKB48の面白さのひとつは、最初は素朴でパッとしない女の子が、ステージに立ち、多くの視線を浴びることでどんどん美しくなっていく様子が伝わってくること。「他人の目」とは必ずしも異性の視線とは限りません。

同性でも「負けたくない」と思える相手や、尊敬できる相手と接することで、自然と自分も磨かれていくのです。

いつも同じようなメンバーで集まるだけではなく、ときには不慣れな集まりや、少し背伸びをした場所に出かけて自分を磨く、ということに挑戦してみてはいかがでしょうか。

おわりに

AKB48のメンバーは、基本的に同じコンセプトの衣裳やアクセサリーをつけていますが、よくよく見比べてみると、それぞれがそれぞれに合ったアレンジをしていることが分かります。

  • 前髪は斜めに流したほうがいいのか、おでこを出したほうがいいのか。
  • 髪の色は黒髪がいいのか、明るいほうがいいのか。

パッと見たときには同じように感じても、それぞれが自分の良さをアピールするために努力していることが分かります。それはおそらく、彼女たち自身が、自分自身で、「AKB48の中でより輝くためには、どうしたらいいか」を考え、「自分自身の良さはどこか」を探し続けているからなのではないでしょうか。

メンバー一覧はこちらから
AKB48公式サイト|メンバー情報

メンバーそれぞれのフォトページも必見です!

流行だから、これで慣れているから、ではなく、「わたしは本当は何が似合うんだろう」と考えてみるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。