はじめに

良いデートをするには、マイナス要素を作らないことも大事ですが、プラスを積み重ねることも大切!!

今回は「引かれないために注意すること」ではなく、それをされたときにフッと女の子が嬉しくなる行動あれこれをご紹介します。

その1 ショッピングも楽しくつきあってくれる

買い物が好きな女の子は多いです。なのでショッピングを一緒に楽しめる男性はかなりポイントUP。

逆に女の子に気を遣って「ここで待ってるから好きに見て来て良いよ」というのは優しさではありません。待たせていることを気にして女の子は買い物を楽しめないかも。

たとえあなたが買い物自体に知識や興味が無くても、女の子と一緒に見て回って「それは何?」とか「これ便利そうだねー」などと、共通の話題を持ってくれるだけで好印象。「いい人だなぁ」と思ってくれます。

その2 女の子が勧めてくれたものには反応を 

「ここのコーヒー美味しいんだよ?」や「このお店楽しいんだ、入ってもいい?」などと、女の子からの勧めで入ったお店、食べたものなどには是非何らかの反応を。

「○○ちゃんの言う通り、これおいしいね!」や「いいお店知ってるんだね」などの賛同系はもちろんGOOD。しかし、必ずしも褒めなければいけないわけではありません。あなたがそんなに気に入らなかった場合でも、違う角度で切り込めばOK。

例 (必ずしも褒めてはいないが好印象)

「へー。こういう場所知らなかったから新鮮!」
「今まで食べたことない味だから、知れて嬉しいわー」

とにかく反応を。「自分から入った店(食べたもの)だったけど、どうだったかな…?」という女の子の密かな懸念へ、優しく手を差し伸べてあげるということです。

その3 身だしなみを褒めてくれる

「女の子に服装や髪型のことを言うのはセクハラじゃなかろうか」と、気にして身だしなみに関する発言を控えている男性も多いようですが、そんなことは気にしないでください!基本、人間は褒められたら嬉しい生き物。デートですから、女の子もそれなりに身だしなみに気を遣っています。

過度な褒め言葉は胡散臭いしセクハラにもなりかねませんが、「髪型きれいだね」や「その服装好きだな」程度でしたら十分アリ!特に浴衣などの特別な装いの時は、出会い頭に開口一番で褒めましょう。

その4 帰る時間を気にしてくれる

女の子には男の子ほど遅くまで自由に出歩けない人も多いです。門限があったり、暗くなると帰り道が不安だったり…。なので適度な時間に「時間大丈夫?」と1度聞いてあげると、帰らなければいけないタイミングをなかなか言い出せずにいた女の子にはありがたい一言に。

しかし「本当に時間平気?」などと何度も聞くと「この人は早く帰らせたいのか?」と思われかねないので要注意です。

おわりに

他にも色々なケースがありますが、まずは大まかな4つをご紹介しました。どの点においても、「女の子の気持ちを汲んで、先手で手を差し伸べる」ということが一番重要だと思います!