はじめに

「友達以上恋人未満」…甘美な響きですね。

何をもって「友達」なのか、「恋人」の境界線はどこなのか。考えるだけでモヤモヤしますし、同時にふわふわワクワクもする関係ですが、はっきり白黒つけたいあなたへの応援レシピです。

友達以上恋人未満の関係の時に自分ができること


割り切る

「私たちは今、『友達』でもなく『恋人』でもないけれど、とてもバランスが取れている関係なのだ!」

と自分に言い聞かせる方法がこれです。人間関係に名前をつけること自体が意味のないこと…と、悟りの世界に入ってしまいましょう。

攻め込む

「私たちの関係って、何なのかな?」

と相手にずばっと聞く、シンプルな方法です。

とても勇気のいる行動ですし、どちらに転んでも大丈夫、という強い心を持つ必要があります。

優柔不断な方や、責任転嫁したい方(!?)には良いかもしれませんが、自分でなんとかしたいという想いの強い方にはオススメできないかもしれません。

思い込む

「きっと、彼(彼女)にとって自分は友達/恋人なんだ」

と自分にとって心地のいい関係として解釈する方法です。

現実と逆方向に進んでいると、後で傷つくこともあるかもしれませんが、「今、この瞬間」を心地よく過ごすためには、時には思い込みも必要だと思います。

おわりに

いかがでしたか?レシピを書かせて頂いたものの、筆者もただ今「友達以上恋人未満」な関係に悩まされている一人です。笑

「友達」「恋人」なんていう名称にとらわれず、良い関係が築けるといいですよね。皆様からの追記・アドバイスもお待ちしています!