「彼氏とそろそろ将来のことを話したい」「プロポーズされたい!」「今の彼と結婚がしたい!」と思ってはいるけど、どうすればいいのかわからない女子、たくさんいると思います。もう同棲して長いのに…、年齢的にそろそろ…、など悩んでいませんか?

でも、自分から結婚を迫り「重い」と思われてふられちゃったら嫌ですよね。とはいえ、ずるずると付き合い続けていても仕方ないと女子は思うもの。女性の場合は出産のことも考えると、いつまでも待っているというわけにもいきません。

そこで、彼氏の方から「この子と結婚したい!」と思わせちゃうような女子になるための20の心得を考えてみました!

「この子と結婚したい!」と思わせる女子になるための20の心得

1:飲み会でさりげなくテーブルの上の片付けができる

自分だけでなく、自分の周囲の人間にも自然な気配りが出来る女性は嫁候補としてポイント高いです。飲み会などでさりげなくテーブルを片付けたり、料理を取り分けるなどの気配りができたら家庭的な印象を与えることができ、彼氏も結婚を意識するはず!

さりげない気配りが大切なので、あからさまにアピールするのは逆効果です。

2:女磨きを忘れない

結婚してから身なりに気を使わなくなり、体重が増えたりして別人みたいなる女子がいます。それが原因で男性が他の女性にふらついて離婚、というケースはよくあります。付き合っているときも同じで女磨きを継続すること、いつまでも女であることを忘れないことが大事です。

結婚したいと思われるくらい魅力的でいましょう。

3:常に相手に正直

嘘をつかれるのが男性は大嫌いです。結婚生活は信頼が大事。信頼できない人と結婚しようとは思わないですよね。ちょっとした嘘でもNGです。嘘の大きい小さいは問題じゃないのです。偽ることなく常に本当のことを話すことで、彼も心を開いて素直な気持ちを話してくれますよ。

嘘をつかない素直な女子でいることが結婚への近道です。

4:裏切りは絶対NG!疑われる行為もNG!

他の男性へふらつきがちな女子は結婚対象外です。隙がある女子もだめです。ほかの男性と二人きりで会ったり、誘われたからと合コンに行くようなこともやめましょう。もし、どうしてもそういう状況になる場合は、事前に彼氏に話して納得してもらってから行くこと。疑われるような行為も絶対しないようにしましょう。

正直でいることにも通じますが、疑念を抱かせたら結婚へたどり着くことはなくなります。

5:ベッキーみたいにポジティブ思考

人生、悪い時もあります。ただ、彼女がポジティブ思考な女子なら、もし上手くいかない時も彼女と力を合わせて頑張っていけるだろうと思ってくれるはずです。THEポジティブ思考のベッキーみたいに、明るい女性を目指しましょう。

ただノーテンキに明るくいればいいのではなく、どんなことも前向きに考え、ネガティブな気持ちになった彼氏を前向きな気持ちにさせられるようにしましょう。

6:手に職をもってる(仕事を頑張ってる)

結婚したい女性の職種に「薬剤師」というのが上位にありました。不況で明日の見えない昨今、男性も経済面で不安を抱えています。いざという時に生活に困らないように、仕事ができる女子が人気があるようです。結婚したら専業主婦になればいいや、と思っていると結婚はますます遠ざかってしまいますよ。

やりがいを持っている人のほうが魅力的に見えるということもあるかもしれません。

7:ユニクロが好き?ルイ・ヴィトンが好き?価値観を合わせる

価値観が合うのは最も大事かもしれません。離婚理由に多いのが「価値観の違い」ですよね。例えばユニクロ好きな彼氏なら彼に合わせてユニクロの良さを探してみましょう。彼氏がお金持ちでブランド大好きだったら、あなたもブランドに興味をもってみては?それが彼の魅力発見にも繋がるかもしれません。

ただ、無理に合わせても「価値観の違い」で苦痛になるので、生活に支障がなければお互いの価値観を尊重したほうが上手くいくことも多いかも。

8:風邪をひいた時に作る「おかゆ」が異常においしい

彼氏だって風邪をひいたり体調を崩したりする時がありますよね。その時に「おかゆ」だったり「玉子酒」なんかを手際よく異常においしく作れたらポイント高し!料理が上手いだけでも好印象ですが、弱っている時はなおさらグッとするはずです。「おかゆ」や「玉子酒」だけ特訓するのもありかもしれません。

弱った状態を見せているというだけでも、心を許している証拠。そこで良い印象を与えられれば結婚にかなり近づきます。

9:財布の中に今いくら入ってるかちゃんと把握してる

家計をまかせられる女子の条件として大切なのが金銭感覚がしっかりしていること。財布の中に今いくら入っているかくらいはちゃんと把握しておきましょう。ただ、金遣いが荒いといくら財布の中身を把握していても印象は悪くなります。身の丈にあったお金の使い方ができるというのが一番大事になります。

いくら自分が稼いだお金でも高い買い物ばかりしている女性は、男性からすると結婚生活が不安に感じます。

10:笑いのツボが一緒

気が合う、ということはとても大事。家族になったら一緒にいる時間が誰よりも多いのですから、相手ととにかく気が合う、というのが重要になってきます。その日にあった面白いと思ったことを話したときに笑ってくれたり、テレビ番組を一緒に見ていて同じタイミングで笑ったりすると、楽しい気分も2倍になるはずです。

一緒に笑い合っている瞬間が一番幸せを感じるものなのです。

11:定番だけど「肉じゃが」が上手にできる

胃袋を掴むのはとっても大事。やはり料理上手な女性を奥さんにもらいたいのが男性の本音です。定番ですが「肉じゃが」を完璧に作れたら彼氏は「お!」と思うはず。肉じゃが以外にもカレーや味噌汁など、家庭的な料理を作れる女性に惹かれる男性は多いですよ。

彼氏の好きな料理を調べて、それを上手く作れるようになると「肉じゃが」よりも効果的かも。

12:彼氏が疲れたなって時に率先してマッサージする

家庭には癒しを求めるものです。男は外で闘ってくるのですから癒し系にはやっぱり弱いです。彼氏が疲れているように見えたらすかさずマッサージして癒してあげましょう。また、その時に自分のマッサージもしてもらうと、癒やされると同時にお互いの距離も縮まりますよ。

お互いが触れ合うことで、心も触れ合うことができるはずです。

13:オナラしあっても笑いあえる

オナラされたりゲップされたりして、いちいち怒っていたら、「一緒に生活できなさそう」と思われるかもしれません。目の前でされるのはあまり気分のいいものではありませんが、オナラされても笑いとばして気にせず、自分もしちゃうぐらいじゃないと家族にはなれないかも。ただ、し過ぎは下品なので注意です!

どうしても嫌な場合は、「ちょっとオナラしてくる」と宣言して少し離れたところでするというルールを決めて、我慢はしないけど不快な気分にもさせないという工夫をしてみましょう。

14:気軽に彼氏を家族に会わせて、家族仲の良さをアピール

自分の家族を大事にしている女子は、結婚したら自分の家庭も大事にしてくれるだろうと男性は思うようです。ただ、いきなり家族に会ってと言うと嫌がるかもしれないので、日頃から家族の話を積極的にして、自分の家族がどんな感じなのかをわかった状態にしておくと、会うときの抵抗感も少なくなるかもしれません。

逆に家族仲が悪いことがばれると結婚生活に不安を感じるかも…。

15:とにかく子供が大好きアピール

子供が欲しいという男性はけっこういます。子供好きなことをアピールすると「この子なら子供を一緒に育てられそう」と思ってくれるはず。「もし子供ができたらどんな感じかな」と自分たちの子供ができた時のことを想像させるのも、結婚を意識させるのには効果的かもしれません。

子供嫌いの男性もいるので、そこはしっかり確認しておきましょう。

16:相手への不満は相手にぶつけずうまく処理

ケンカするカップルも多いですが、すぐに感情的になる女子だと結婚したら大変だと男性に思われてしまいます。カーっと頭にきてしまったら、相手に感情をぶつけずに、ノートに思いのたけをぶつけて解消しましょう。案外冷静になれますし、何が問題なのか明確になります。

男性は理性的な生き物なので、感情をぶつけるだけでは問題が悪化するだけのことも少なくありません。

17:ガス抜きを上手にできる

どんなに好きな相手でも不満の一つや二つは出てくるもの。ストレスをためず、友達に話を聞いてもらうなど上手にガス抜きする方法を見つけておくのは大事です。ただ、その不満がずっと続くようなものであれば、ちゃんと相手に伝えて改善してもらうようにしましょう。

溜め込んで溜め込んで爆発、というのが1番良くないパターンです。

18:アゲマンである

アゲマン、と言われる女性は女性からみても憧れですよね。彼氏を甘やかさず、ときには苦言も言えるように強くあらねばいけません。妻になったら夫をうまく操縦するのは当たり前。あなたと付き合っていることで自分が良くなっている、と男性に思わせられるように、彼の話にはよく耳を傾け、的確なアドバイスをできるようになりましょう。

あなたに依存し、彼が堕落してしまうのはお互いのためにも避けるべきです。

19:ほどよいスパイスは必要

マンネリ、倦怠期などというカップルは多いですよね。結婚したら何十年と一緒にいるのですから、多少の刺激は必要です。たとえば一緒に新しい趣味に挑戦してみるのはどうでしょう。サーフィン、スカイダイビングなど、日常を忘れられるものを二人の関係にとりいれてみては?ハマれば、二人の絆はより深いものになりますよ。

共通の趣味があれば会話も弾み、一緒にいるのがより楽しくなります。一緒にいるのが楽しくなれば、結婚したいという気持ちにもなるかもしれません。

20:他の男に渡したくないと思わせる

結婚に踏み切る理由として一番大切なのは「この女を他の男に渡したくない!」と男性が思ったときでしょう。彼氏が結婚に踏み切れないようなら、友達に「○子もそろそろ真剣に結婚について考えてみれば」と彼の前で言ってもらいましょう。「うかうかしてると、○子、お嫁にいっちゃうかもよ」と彼氏をビビらせましょう。

失うかもしれない、と思った時に初めて、大切さに気付くというのはよくありますよね。

おわりに

相手に求めすぎる女子は結婚から遠ざかっていくかもしれません。求めるばかりでなく相手がどんなことを求めているかを考え、そうあれるよう自分磨きをしていくことが大事です。

とはいえ、お互いに譲れない部分もあるので、相手に合わせるばかりでなくお互いを尊重する必要もあります。結婚はゴールではなくスタートでもあるので、結婚のことだけを考えているとその後上手くいかなくなるかもしれません。

男性は特に結婚について考えるとき、今の感情よりも結婚後の生活について思いをめぐらす生き物です。それを頭に入れたうえで、この20の心得を実践していけば、きっと彼の気持ちも変わってくるはずです!

(Photo by 足成