はじめに

社会人になって、高級レストランなどでデートをするようになった、という方も多いのではないでしょうか。

高級レストランではウェイターの方がいろいろとエスコートしてくれます。慣れていないと不格好な印象を与えてしまいます。

また、結婚披露宴などの場合も、エスコートが多々あります。

そんなフォーマルな場ではエレガントなふるまいをしたいもの。そこで今回はエスコートありの場合にきれいに椅子に座る方法をご紹介します。

エスコートされながらキレイに椅子に座る方法

STEP1

テーブルまで案内されたあと、ウェイターの方が「いらっしゃいませ、どうぞ」と椅子を引いてくれます。

そのときに大切なのがテーブルを前にして、できるだけテーブルの近くに立つこと

STEP2

ウェイターの方が椅子をゆっくり押してくれます。椅子が膝裏に触れたらゆっくりと腰をかけます。

このとき「その1」でテーブルに近づいていないと、座ったときに体とテーブルが離れすぎてしまいますので注意してください

STEP3

テーブルと身体の間は握りこぶし1つ~2つ分が理想と言われています。食事中もこの間隔をキープしましょうね!

おわりに

いかがでしたか?みなさんはきちんとできていましたか?

これは女性はもちろん、男性でもフォーマルな場にいった際はきちんとマスターしたいものですね。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/mascardo/747993162/)