はじめに

合コンを居酒屋やレストランで行う場合、料理を注文する機会が多くあります。ここで、料理の注文を下手にやっちゃうと合コンが盛り下がってしまいます。合コンの場を盛り上げるためにスムーズに料理を頼むテクニックを紹介します。

ダメな料理の注文方法

まずは、ダメな料理の注文方法をいくつか例にだします。

ダメケースその1

みんなで個別に注文すると時間がかかって場が冷めちゃいます。

「えーとー、私は鶏のから揚げとぉ~うーんと、えーとね…」

みたいに、なっかなか決められない人いますね。参加者みんなが好き放題やりだしたら、注文完了するだけで10分とか15分とか過ぎちゃうこと、ままあります。

ダメケースその2

「鶏のから揚げと豚ロースと牛フィレステーキと肉団子大盛りで!」
「あ、牛肉ってどこ産ですか?」

というように肉ばっかり集中豪雨のように注文してしまうケース。みんな否定はしないものの、場の空気がなんとなく張りつき、「そんなに肉ばっか食えねーよ」的な空気が漂うこと、ままあります。

ダメケースその3

「ナス5人前!」

などのように、好きなものをたくさん頼んじゃうケースもあります。「なんでナスやねん」となってしまい、これも完全に場を凍らせてしまいます。

正しい料理の注文方法

確かに食べたいものを美味しく食べられれば最高ですが、合コンの本質的な目的ではありません。それは参加者もだいたい分っているので、注文は幹事におまかせといって、文句を言う人は少ないでしょう。

料理は幹事が全部決める!

そこでオススメなのは「注文は幹事がまとめてする」ということ。時間も節約できますし、参加者同士の会話を遮ることもなく、盛り下がりにくくなります。

自分が注文取ると言い出す時のやり方

「じゃー最初の注文は私がしちゃいますけどいいですか?
みんな食べたいものがあったら個別に追加しちゃおうね。」

こんな感じで念のため一言付け加えてあげるとみんなが納得してくれます。

他の人が勝手に食べたいものを注文したときの対応法

そうは言っても誰かが勝手に食べたいものを注文してしまうときがあります。そんな時は決して否定せずに、

「あ、いいね~ナイスオーダー!」

とかなんとか言ってあげましょう。

注文した人は、自分がもちろん食べたいんだけど、他のみんなも食べられるかなぁ…ちょっと心配などと思いながら注文している場合があります。きちんとそのオーダーを認めてあげる、これ、大切です。

おわりに

合コンは最初と最後が肝心です。始めと終わりよければ全て良し、ということで開始時点で転ばないようにしましょうね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2008/12/27-012168.php)